catch-img

生命保険営業3ヶ月でランク&給料UP 保険月で15件の契約の紹介営業のコツとチェックリスト



この記事の読了時間は約8分です。


こんにちは。


子供たちと寝る前に、絵本を読んであげると、

じっと聞いてくれるので

「可愛いなぁ」と親バカな助け舟の中西です。(^^)


今回は、営業塾で学ばれ、3ヶ月で15件の契約をもらえるようになった

生命保険営業のMさんが実践している、

生命保険営業の、紹介営業のコツをお伝えします(^^)


「今すぐコツだけ知りたい!」

という方は、

【無料の特別付録】紹介の連鎖が起こる 契約数15件の国内生保営業がしているチェックリスト

をダウンロードくださいませ(^^)


【無料の特別付録】


紹介の連鎖が起こる

契約数15件の

国内生命保険営業がしているチェックリスト


今回の記事をサクッと

要点だけ読みたい方へ


◼︎あなたの現状を変えるために

今すぐできる、


契約数15件の国内生命保険営業がしているチェックリスト

を今回の記事の中からまとめました。


この


『紹介の連鎖が起こる  国内生命保険営業がしているチェックリスト』


手に取るあなたが、

今日も笑って過ごせますように^ ^


水色のダウンロードボタンからどうぞ!!



中西にお問合せをくださったときのMさんは、


生命保険営業って、いつも数字に追われている


もっとお客様のための仕事がしたいのに・・・

と、理想の生命保険営業と現実とのギャップに悩んでいらっしゃいました。



そんなMさんが、

オンライン営業塾で生命保険営業の紹介営業営業のコツを学ばれた結果、

入塾後3ヶ月で15件の契約をお預かりできるようになり、

ランクアップ&お給料アップができました。


今回、Mさんに受けていただいたオンライン営業塾は、こちらです。


⇑画像クリックでご覧になれます


Mさんへのインタビュー動画はこちらです。


目次[非表示]

  1. 1.営業塾で、生命保険営業の紹介営業のコツを学んだMさんの結果
    1. 1-1.営業塾で生命保険営業の紹介営業のコツを学び、契約数・修正Sともに伸びたMさん
    2. 1-2.理想とする生命保険営業の仕事ができず悩んでいた、営業塾入塾前のMさん
    3. 1-3.助け舟株式会社に相談した理由は、お客様をちゃんと見る紹介営業のスタイルだったから
  2. 2.中西が現在の紹介営業のスタイルに行きついた経緯とは
    1. 2-1.中西が、テクニックだけの営業をしなくなったきっかけ
  3. 3.【紹介営業のコツ1】「人として」信頼されるから、紹介の連鎖が広がる
    1. 3-1.【紹介営業のコツ2】本音で話し、自分の家族にしてほしくないような営業はしないから、安心して紹介してもらえる
      1. 3-1-1.営業塾でお伝えする内容は、実際に中西がやってきたことだから、結果は実証済み
  4. 4.中西が営業コンサルタントとして、紹介営業の方法を教え始めたきっかけは
    1. 4-1.livedoorブログに自分がやっている紹介営業の方法を書いたら反響
  5. 5.営業塾で学んだこと これが良かったベスト3
    1. 5-1.【1位】紹介営業のノウハウがすべて書かれている営業マニュアル
    2. 5-2.【2位】励まし合いや気遣いが支えになるグループLINE
      1. 5-2-1.グループLINEのやり取りで、自分の苦手克服やモチベーションアップに
    3. 5-3.【3位】嫌われない些細なコツ お辞儀や礼儀一つでお客さんの反応が変わった
  6. 6.営業塾は、生命保険営業で何をしたらわからない、営業が怖い、という人におすすめ
  7. 7.まとめ
    1. 7-1.【紹介営業のコツ1】「人として」信頼されるから、紹介の連鎖が広がる
    2. 7-2.【紹介営業のコツ2】本音で話し、自分の家族にしてほしくないような営業はしないから、安心して紹介してもらえる
      1. 7-2-1. さいごに


1.営業塾で、生命保険営業の紹介営業のコツを学んだMさんの結果

じゃあMさん、よろしくお願いします.

よろしくお願いします。

Mさんは、

2019年の8月に、営業塾に入塾されたんでしたよね?

はい。

Mさんの結果ですが、


入塾後の契約件数が、


8月が2件、

9月が2件、

10月が3件


だったんですね。


今月11月って、生命保険営業の方って、保険月でしょ?

はい。そうですね。

11月の契約は、15件

おめでとうございます。

はい、

ありがとうございます。

Mさん営業塾入塾後契約件数の推移


1-1.営業塾で生命保険営業の紹介営業のコツを学び、契約数・修正Sともに伸びたMさん

今まで、生命保険営業の仕事をしていて、

月15件のご契約って頂いたことありました?

1回もありません!

良かったですね。


Mさんの去年1年の契約数を見ると、

最高で9件だったんですよね。

はい。

良かったですね!

15件も契約をもらえて。

はい、ありがとうございます。

Mさんの、生命保険営業の、


2018年の月平均契約数は3.8件。


入塾してからは、月平均5.5件、

修正Sの月平均が1113万円です。


本当に良かったです!

ありがとうございます。

びっくりしました。

いやいや、Mさんが頑張ったからですよ。


1-2.理想とする生命保険営業の仕事ができず悩んでいた、営業塾入塾前のMさん

何点か、質問させて頂いて良いですか?

はい。

元々、入塾する前は、何に悩んでたんですか?

自分が理想とする生命保険営業の仕事と、現実の差があったんです。


現実の生命保険営業は、

いつも数字に追われるっていう所が、引っ掛かっていました。


葛藤があると、全然数字も出せないし。

でも、


理想は、お客様の為に仕事がしたい

って思う自分もいたりして。


そんなときに、生命保険営業のことをネットで調べていたら、

中西先生がちょっと・・・

出てきてしまいました?

出てきてしまいましたじゃなくて!

出てこられたんです。(笑)


中西先生の動画や記事で見たのが、


目の前のお客様に

すごく焦点を合わせた紹介営業のお話だったので、


この人に相談してみたいなと思って、ご相談しました。

ありがとうございます。


1-3.助け舟株式会社に相談した理由は、お客様をちゃんと見る紹介営業のスタイルだったから

他にも、

僕みたいな業種の人って、いっぱいいらっしゃるでしょ?


どうして、

助け舟株式会社中西に、聞いてみようかなと思って頂けたんです?

他のところは、

何かどこか、やっぱり、心がないと言うか。


技法じゃないけど、話法だったりとか、

こう言ったらこうとかっていう、


そういう生命保険営業の営業手法ばっかりで、

お客様の事を見てない気がしたので、怖いなと。

怖い?

怖かったです。


何だろう、

ネットで見ただけ、という所に飛び込むのも怖いし。

それなのに、よく僕のところに来ましたね。

はい。

怖いって感じるっていうのは、どんな感じなんですか?


ここの言葉が怖いなとか、言葉づかいとか?

そうですね。

それもあったかもしれません。


それと、他の所だと、

上手く話さなくちゃいけないと、感じたのかもしれません。


私、話すのがすごく苦手なので


「上手く話せたら、上手くいきます!」みたいなのは、

自分では無理なのかなって、思っていた所もありました。

でも、

中西先生が教えてくださった紹介営業は、


数字のことはまず置いて、


お客さまをちゃんと見て、雑談から深堀して、

お客さんの「理想・希望・不安・悩みを知る」という営業だったので。


そういう紹介営業だったらできるかな?って思ったところがあって、

相談しました。

実際できました?

そうですね。


紹介営業の営業トークとかも教えてもらったので、

それを覚えて、やってみました。


2.中西が現在の紹介営業のスタイルに行きついた経緯とは

だって僕、ここだけの話ですよ?

話法とか全部、頭に入ってますもん。

はい!

それを教えて頂き、ありがとうございます。

いや、えっと。

営業技術とか、反論処理とかも、分かるんですよ。


その場で即決でご契約頂くっていう営業も、

僕も実は、やってたことがあるし、実は得意なんですよ。


でも、

それをやった時に、

僕は体が動かなくなった。


というか、

お客さんの所に行けなくなったんですよ。


売れてるのに。

行ったら、アポイント頂けるのも分かるんですよ。


実際、近畿で、リフォーム営業をやっていた時、

月48件アポイント貰ってきたの。

凄い。

売り上げも、

月に、1,500万とか2,000万近く上がって。


毎年1億とか1億5000万の間をいってたんです。


だから、そういう営業も、できるんですよ。

ただ、その営業をずっと続けた時に、

ある日、


なんで俺、

こんな営業してるんだろって思ったんです。


こう言われたらこう言う。

こう言われたらこう言う。


このパターンをこう言ったら、

どれぐらいの人がこう言って返してくれる。

だからこう言う。


こんなことまでも、全部営業トーク組んでたんですよ。

だからそのテクニックを部下とかに教えたら、

僕のチームみんな売れるんですよ。

すごい。

けれども、それをやった時に、

結局、

売れても辞めていく部下をたくさん見たし、


僕自身も全然楽しくなかったんですよ。


お客さんが数字に見えるっていうか。

笑えないっていうか。

営業所の中では、

「おめでとう」とか「良かったね」とか言われて、笑えるんですけど。


お客さんの前で、笑わないですよね。


なんか獲物追うような感じで。

狩人になっちゃうみたいな。

そうそう、そうそう。


だから、

そういう営業は、やろうと思えば、全然できるんですけど、


もうやりたくないなって、思ったんですよ。


2-1.中西が、テクニックだけの営業をしなくなったきっかけ

そのきっかけになったエピソードなんですが、


自分の両親くらいの年代の人に、


飛び込み営業で、

会って15分ぐらいで、アポイントもらえたんですね。


「お話聞きますよ」って言ってくれたんです。

そしたら、その時、

ちょうど僕ぐらいの年の息子さんが、帰ってきたんですよ。


だから、


お客さんが、僕の父と同い年くらいで、

息子さんが、僕と同じぐらい。

その時、息子さんが、


「親父こいつにだまされてるんじゃない?

バカじゃない?親父。」


って親子喧嘩し始めたんですよ。


目の前でいきなり。

で、

「あれ?」ってなって。


なんで親子喧嘩してるんだろって。


それで結局、僕、そのお客さんに、


「僕、だますとか、そういうのじゃないけど、

息子さんがそう言う気持ちも分かる。


だから、もし本当に聞きたいなって思ったら、

その時でいいから」って。


もう僕、断ったんですよ。

そうしないと、喧嘩収まらないから。


僕が行ったことで起こった親子喧嘩を目の前で見て、


「僕、何やってるんだろう?」

って思っちゃったんですよ。

確かに数字は上がっていたし、その為に努力もしたし。


勉強もしたし、

たくさんお客さんのとこ行って頑張ってきたけど、


その技術を磨いた結果、

親子喧嘩したぞって、思ったんです。


例えば、


自分の両親に

自分みたいな営業が行ったらどうかな

って考えたら、


うーん、ってなっちゃって。

売ってるものも間違いなし、

工事もちゃんとしてるし、クレームもないし。


でも、本当にこれでいいのかなって。


応酬話法で、

その場で即決って、何十何百件で頂いてきました。


けれども、その結果起こったことを見て、


「これって、人としてどうなのかな?」

みたいに思っちゃった。

そういう営業してる人達を否定してるわけじゃないんですよ。

ただ、僕、個人的には、苦しくなったんですよね。

はい

僕、パチンコしないですけど、

パチンコ屋の駐車場の隅っこで、一日中、ボケっと考えて。


何してんだろな?

これ、いつまで続けるんだろ?

これを俺は、一生続けるのか?

って。

そのとき27歳28歳ぐらいだったから、

これをあと30年以上やるのか?とか。


本当にそれを考えて、動けなくなっちゃったんですよ。

それに、僕、実は、そういう営業してる時って、紹介貰えなかったです。

そりゃそうですよね。


初訪でいきなりアポイント貰って、

商談1回で100万円から300万円もする契約も、ある訳じゃないですか。


そんな人紹介しないですよね。

だって、

この人が行ったら契約取りにいくんだろうなと思われる。


今は分かりますけど、


その時は、

どうして紹介もらえないのか、わからなかったですよ。

はい


3.【紹介営業のコツ1】「人として」信頼されるから、紹介の連鎖が広がる

僕が変わったきっかけは、


ある日、

台風があって、

お客様のカーポートとかも倒れてたんですよ。


僕もともと、

造船会社の職人とか、土木とか、とび職、溶接とかもしてたから、


肉体労働って、何とも思わないんです。


だから、そのとき、


スーツのまんまで、

カーポートの片づけを手伝ったですね。

息子さんと奥さんとご主人さん、僕のお客さんだったんですよね。


「中西さん、スーツ汚れるからいいよ」

って言われたんですけど、

「スーツはクリーニングに出せば済む話ですから。


でも、せっかくのお休みに、

また来週、次もまたやるってなったら大変ですよね?


だから僕、今日手伝いますよ。

大丈夫です。

ハハハハハ」


みたいな感じで、手伝ったんですよ。

そうなんですね。

そうしたら、

その人がその地域の町内会長さんに、


「この子はドロドロになりながら、

うちの片付けの手伝いやってくれたんだよ。」


みたいなこと言って、

紹介してくれたみたいなんです。


実は、

たまたまその町内会長さんも、僕のお客さんだったんですよ。

後日、

その町内会長さんの所に、


「近く寄ったんで来ました」って行ったら、

「中西さん、あの人の所に行った?」って聞かれて。


「行きましたよ、何でです?」って言ったら、


「聞いたんだよ。

中西さんって、そういう事するんだね」


って、言われたんです。

で、その町内会長さんから、


「あそこも困ってるから行ってやってくれ。」

「ここも困ってるから行っててやってくれ。」

って、


10何人、紹介してもらえたんですよ。


【紹介営業のコツ1】

「人として」信頼されるから、紹介の連鎖が広がる

中西は、現役で営業していた頃、次のような流れで、紹介をたくさんもらうことができました。



【紹介営業のコツ1】


「人として」信頼されるから、紹介の連鎖が広がる



中西は、現役で営業していた頃、次のような流れで、紹介をたくさんもらうことができました。

1.自分の商品・サービスは置いて、相手のお困りごとを解決する
 【中西の行動】
 台風の時、自分のスーツが汚れることも気にせず、
 お客さんの家のカーポートの片づけを手伝った


2.相手に喜んでもらったことが、最初の紹介を呼ぶ
 【お客さんの反応】
 お客さんが、町内会長さんに、
 「中西さんが手伝ってくれた」と話してくれた


3.紹介されたお客さんが、次の紹介をしてくれる
 【町内会長さんの反応】
 「あそこも困っているから行ってやってくれ」と、
 10数人の紹介をしてもらえた

自分の商品・サービスは置いて、目の前の人に喜んでもらうことで、
「生命保険営業として」だけでなく「人として」信頼していただけます。

それが、紹介の連鎖のきっかけになります。

当時の中西はリフォーム営業でしたが、
紹介営業の流れは、生命保険営業も同じです。


すごい!

今までの、


反論処理や即決で契約頂く営業してた、

月10件の契約よりも、


紹介でもらえた10件の方が

めちゃくちゃ楽しかったですよ。


それで、

ずっとこういう紹介営業したいなと思ったんですよ。

それで、


「じゃあ、どうすればいいかな?」って、

何年も考えて、今の紹介営業のスタイルに至る、


という感じです。


だから、多分、生命保険営業でも、

そういうところを見てくれたのが、Mさんかなって思ってますね。


合ってます?

はい、合ってます。

今のお話聞いて、泣きそうになってます。


素敵なエピソードですね。


そんなこと、いっぱいありますよ。僕。


3-1.【紹介営業のコツ2】本音で話し、自分の家族にしてほしくないような営業はしないから、安心して紹介してもらえる

他にも紹介営業のエピソードであるのが、


例えば、あれは確か、70歳代くらいのお客さんだったかな。


そのお客さんも、紹介してもらったからお客さんだったから、

僕、当然、行って、お話してたんです。


有難いことですからね。

で、話をしてったら、太陽光で、

400万円くらいの契約の話になったんですよ。


でも僕は、思ったこと、正直に言ったんですよ。


「ご主人さん、すみません。

どう考えても、これ、元取れないですよ。」って。

「僕、個人的な意見ですけど、

お孫さんとディズニーランド行った方が、いいんじゃないですか?」


って言ったんです。

ええ?!そうなんですか。

そしたら、そのご主人さん、僕に向かって、


「お前は、わしが死ぬって言いたいんか?」

って怒りだしたんですよ。

だから僕、


「いやいや、そういう意味じゃないです。


こうで、こうで、こうだから、

その結果、総合的な視点で見ると、


僕個人的には、やらないっていう選択もありだと思うし。


自分のお爺ちゃんがこれやったらいいのかなって考えた時に、

勧められないなと思ったら、勧めません。


って、きっぱり、言ったんですよ。

そうしたら、

そのご主人さん、


「いいから契約書を持ってこい!」って怒りだして。

あはは、良い感じ。

で、僕も、20代後半で、言い出したら聞かなかったんで、


「ご主人さん、僕の話を聞いてくれてました?

契約書なんて持ってきません!


って言い張ったんです。

もともとは、その人の娘さん夫婦が

太陽光つけてくれてたんですよ。


そしたら、その娘さんが、


「私のお父さんも聞きたいって言うから、行ってあげて」

って言ってくれたっていう、経緯があったんですね。

だから僕、ご主人さんに、こんなふうに言ったんです。


「もしも、

ご主人さんが本当に、この太陽光つけたいと思われるなら、

娘さんにも、ちゃんと説明しなきゃいけない。


僕は娘さんも大事だし、

もちろん、ご主人さんも大事です。


そして、

せっかく出会って、

こうやって僕に優しくしてくれるのも嬉しいんです。」

だから、僕、いろいろ考えて、

勧められないなって思ったら、思った通り、言っちゃいました


すみません。」


「ということで、ディズニーランドに行って下さい!

じゃあ!」


って言って、すっぱり帰ろうとしたんですよ。

そしたら、

「ちょっと待て。飯食っていけ」って言ってくれて。


またそこで、いっぱい紹介くれたんですよ。


【紹介営業のコツ2】本音で話し、自分の家族にしてほしくないような営業はしないから、安心して紹介してもらえる


【紹介営業のコツ2】本音で話し、自分の家族にしてほしくないような営業はしないから、安心して紹介してもらえる


  • 営業の仕事とは、相手のお悩み事を解決したり、希望を叶えたりする仕事だから、こちらの都合で強引にすすめたりしない
  • 営業の損得は抜きにして、お客さんの得になることを、本音で話す。
  • 自分の家族にしてほしくないような営業はしない。


すごい。

そういうエピソードがいっぱいあります。

すごく理想的な紹介営業ですね。


3-1-1.営業塾でお伝えする内容は、実際に中西がやってきたことだから、結果は実証済み

その人は結局、契約にならなかったから、

400万は確かに契約にならなかったですよ。


でも営業所の所長は、

なんかニコニコして待ってるんですよ。


僕の、紹介からの契約率なんか、ほぼ100%ですから。

飛び込みから即決の契約率も7割だったかな。


年間商談100何件してますけど、

相見積でも負けたのは1回だけ。

へぇー!そうなんですね!

ちゃんと紹介をもらえるやり方があるので。


で、それをちゃんと、


誰にでもできるようにして、


尚且つ、嫌らしくなく、


尚且つ、

嫌な営業じゃないようにしたのが、


今営業塾でお伝えしている内容ですよ。

だから、僕がお伝えしている内容って、やってて楽でしょ?

はい。

ありがとうございます。

嫌なトーク、言いにくいトークは、多分ほとんどないはずです。


「俺に数字をくれ!」が、

透けて見えるようなトークなんか、ないはずです。


僕が言いたくないことをみんなに言えないですからね。

ノウハウテクニックばかりをやったから、

自分が動けなくなったんだもん。


まあ、その当時は、笑えなかったですよ。


でも、

今の紹介営業のやり方をするようになってからは、

笑えるようになりましたよ。

で、まあ、色々あって、

今の営業コンサルタントの仕事になるんですけど。

はい!

ぜひぜひお伺いしたいです。


4.中西が営業コンサルタントとして、紹介営業の方法を教え始めたきっかけは

ある日、

僕、メーカーさんの研修に行ったんですよ。


その休憩時間か研修中の質問の時だったか、


「すいません、

中四国とかで一番売れてる営業って、

何件ぐらい月売るんですか?」


って聞いたんですよ。

そしたら、


「いや、あなたですよ!」って言われたんですよ。


僕それ聞いて、

「へ!?そうなんですか!?」ってなって。

「じゃあ、


会社の集客とか抜きにして、

自分でアポイントをもらって、

自分でクロージング、商談して、一人で契約をもらう、


そういう営業で、

年間と月の1番はどんな人なんですか?」


って聞いたら、


「え?あなたですよ」って言われて。

「そっ、そうなんですか。」みたいな感じだったんです。

へぇー!

そしたら休憩時間に、

その研修に参加してるみんなが

名刺交換してくれって僕に言ってくれたんですね。

その中には、

工務店の社長さんだとか、

リフォーム会社の社長さんだとかが、いっぱいいたんですよ。


そして、みんな、

「売り方を教えてください」って言うんです。

それで、

僕はこんな紹介営業やってます、って話を丁寧に教えてあげたら、

めっちゃ喜んでくれたんですよ。


なんで僕みたいなやつに聞くんだろう?

ってすごい不思議だったんですが、


それが、僕が、紹介営業の方法を教えるようになった始まりでした。


4-1.livedoorブログに自分がやっている紹介営業の方法を書いたら反響

その頃だったかな、


「livedoorブログっていう無料のブログがあるから、
紹介営業のこと書いてみたら」

って言われたから、ブログ書き出したんです。

そしたら、

「教えてください」っていう人が何人も来てくれたんですよ。


しかもお金を払って。


それがすごい衝撃だったんですよ。

僕、その頃ってサラリーマンですから、

その当時の僕からしたら、


社長さんって、雲の上の存在だったんですね。

すごい人達なんだって思ってました。


だから社長なんだと思ってたのに、

そういう人たちが、

僕に、紹介営業の方法を聞いてきてくれる。

そうやって、

僕のやってきた事を喜んでくれた人がいた、


というのが、

今、こうやって、営業コンサルをしているきっかけです。

その後は、

助け舟株式会社の動画にも出てくださっているんですけど、


リフォームの、Sホームさんっていう会社さんが、


僕が本当に売り上げを上げられるかどうかも分からない時期から、

僕を信じてくれたんですよ。


スマイルホームさんからのお声は、こちらのページをご覧ください(^^)


画像クリックでご覧いただけます


スマイルホームさんも、赤字だったのが、

今もう1億5千万くらいいってるんじゃないですかね?


そうやってたら、

生命保険営業の方々がいっぱい来てくださるようになって。


だんだん、どんな人も来てくださいとなって、

今に至るって感じです。

そうなんですね。

そうそうそう。


最初は、

営業塾のメンバーも、10人もいなかったですよ。

今はもう、113人?112人?とかですよね?

今は、113名来てくださってます。


不思議ですよ。

あの当時から考えると。

すごい。

その中から、生命保険営業でも、

県内トップテンもいっぱい出てきてくれてるから、


僕のお伝えしてきたことは、間違ってなかったかな、

とは思うんですけど。

そうですね。


5.営業塾で学んだこと これが良かったベスト3

5-1.【1位】紹介営業のノウハウがすべて書かれている営業マニュアル

で、Mさん、営業塾に来て、

「これは良かったベスト3」ってあります?

1位は、


営業ノウハウに関する資料っていうか、

営業マニュアルでしょうか。

そのマニュアルがすべて掲載されている、

会員限定サイトとか?

そうです。


最初は、

マニュアルや動画が大量すぎて、びっくりだったんですけど。


一応全部、プリントアウトしました。

何ページぐらいになりました?

毎週ちょっとずつ増えてるので、

今、500か600ページくらいありません?

そういうの、見てくれてるんです?

はい。


手元にないと、ちょっと安心できないなっていうのもあって、


プリントアウトして、

単元ごとに、ファイリングをしています。

ありがとうございます。


そういうの見ると、なんか嬉しいですよ。

作った甲斐がありました。

今、僕含めると七人でやってるんですけど。

裏方さんすごいですよね。


全員、もと営業塾の人ですよ。

すごいですね。


5-2.【2位】励まし合いや気遣いが支えになるグループLINE

営業塾の人って、

本当にみんな、良い方たちばかりですよね。

ありがたいですよね。

グループLINEとかも見てても、

ある方が「1位になりました!」って言ったら、


会社の垣根を越えて、業種も超えて、

皆さん「良かったね」って言ってくれますし。


逆に、「体がちょっと不調なんです」っていう方には、

また皆さん、気遣ってくださったり。


グループLINEもいいなっていう風に、思ってます。

それが第2位ですか?

はい。2位です。

良かった、良かった。


5-2-1.グループLINEのやり取りで、自分の苦手克服やモチベーションアップに

グループLINEが良かったって人、多いですね。

みんな言いますもんね。

はい。


生命保険営業の方だけでなく、

いろんな業種の方ともやり取りする中で、

自分が、活動できてないな、っていうところも分かりますし。


皆さんの志の高さとかも知り、良い刺激になります。

応援し合ったり。

心配し合ったり。


良い人達ばかりで良かったです。僕も。

はい、ありがとうございます。

本当に。


きっと先生が良いからですね!

だといいですけどね。


自分なりには頑張ってますけど。

他の営業コンサルタントの先生って、知らないしね、僕。

あ、どうでしょうか?

自分なりには、


例えば、

こういうことでみんな困ってるから、

この話をして、話した内容をテキストにしようとか。


じゃあそのテキストを、みんながいつでも見られるように

会員限定のノウハウのサイトを作ってみようとか。

でもそれだけじゃ足りないのかなと思って、

みんなに電話して「今、どんな感じ?」って聞いたりとか。


そんなふうにやってます。

はい。

いつも丁寧に、ありがとうございます。

他にやったのは、


僕だけのアドバイスじゃなぁ、って思って、

僕の知り合いの、トップ営業マンに、勉強会をお願いしたりとか。


だから、

他の営業コンサルがどうやってるかは、分かんないですけどね。


僕はそんな感じです。


5-3.【3位】嫌われない些細なコツ お辞儀や礼儀一つでお客さんの反応が変わった

で、3位は何ですか?

生命保険営業の現場でそのまま使える、

具体的な営業トークや、

お客様に対するお辞儀や礼儀を教わったところも、


すごく勉強になってます。

些細なコツですかね?

嫌われない為の些細なコツ

そうですね。


お辞儀1つでも、

90度のお辞儀を3秒、5秒と止めて、とするだけでも、


相手の方の反応が変わってきたのが、すごく良く分かりました。

あと、私は、

先生とか田尻さんがよく使われてる、「何とかです?」っていう話し方。


「~ですか?」じゃなくて、「~です?」っていうのが、

なんか柔らかくて良いなって思ってて。

だからなるべく、お客さんにも、

「何とかですか?!」って聞かないで、

「何とかです?」って聞くように、やってみてます。


6.営業塾は、生命保険営業で何をしたらわからない、営業が怖い、という人におすすめ

営業塾入って良かったです?

はい、本当に、良かったです!

それだったら、良かったです。


じゃあ最後に、

どんな生命保険営業の人が助け舟の営業塾に来ると、まあ悪くないんじゃない?

って思います?


あるいは、

こんな生命保険営業の人だったら行ったほうがいいんじゃない?

というか。

今、生命保険営業をしていて、

  • 何していいか分かんない
  • 営業が怖い
  • 数字が思うように出ない

と思っている人は、


意外と、

営業塾で教わった通りのことをすれば、

お客さんのところに行くのは、楽になる気がします。

ほかには、私もそうなんですが、


  • 話すことが苦手と思っている生命保険営業の方。


私も本当は、

話すのがすごく苦手なんです。


そんな私でも、

楽しく営業できるようになってきてるので、


そんな生命保険営業の方は、

ぜひ営業塾に参加されたらいいんじゃないかな

っていう風に思います。

ありがとうございます。

じゃあ、引き続き頑張りましょう!


成績はまだ上がりますし、

大丈夫です。

応援しております。

ありがとうございます。


7.まとめ

ここまでお読みいただきありがとうございます!

営業塾でお伝えしている、生命保険営業の紹介営業のコツをまとめました。


7-1.【紹介営業のコツ1】「人として」信頼されるから、紹介の連鎖が広がる

中西は、現役で営業していた頃、次のような流れで、紹介をたくさんもらうことができました。



【紹介営業のコツ1】


「人として」信頼されるから、紹介の連鎖が広がる



中西は、現役で営業していた頃、次のような流れで、紹介をたくさんもらうことができました。

1.自分の商品・サービスは置いて、相手のお困りごとを解決する
 【中西の行動】
 台風の時、自分のスーツが汚れることも気にせず、
 お客さんの家のカーポートの片づけを手伝った


2.相手に喜んでもらったことが、最初の紹介を呼ぶ
 【お客さんの反応】
 お客さんが、町内会長さんに、
 「中西さんが手伝ってくれた」と話してくれた


3.紹介されたお客さんが、次の紹介をしてくれる
 【町内会長さんの反応】
 「あそこも困っているから行ってやってくれ」と、
 10数人の紹介をしてもらえた

自分の商品・サービスは置いて、目の前の人に喜んでもらうことで、
「営業として」だけでなく「人として」信頼していただけます。

それが、紹介の連鎖のきっかけになります。

当時の中西はリフォーム営業でしたが、
紹介営業の流れは、生命保険営業も同じです。


7-2.【紹介営業のコツ2】本音で話し、自分の家族にしてほしくないような営業はしないから、安心して紹介してもらえる

【紹介営業のコツ2】本音で話し、自分の家族にしてほしくないような営業はしないから、安心して紹介してもらえる


  • 営業の仕事とは、相手のお悩み事を解決したり、希望を叶えたりする仕事だから、こちらの都合で強引にすすめたりしない
  • 営業の損得は抜きにして、お客さんの得になることを、本音で話す。
  • 自分の家族にしてほしくないような営業はしない。


7-2-1. さいごに

これらの、生命保険営業の紹介営業のコツの中から、1つでも、実践してみてくださいね(^^)


遠くから、この記事をご覧くださっているあなたを全力で応援しています。

一緒に頑張りましょう!


今回、Mさんに受けていただいたオンライン営業塾は、こちらです。


⇑画像クリックでご覧になれます



【無料の特別付録】


紹介の連鎖が起こる

契約数15件の

国内生命保険営業がしているチェックリスト


今回の記事をサクッと

要点だけ読みたい方へ


◼︎あなたの現状を変えるために

今すぐできる、


契約数15件の国内生命保険営業がしているチェックリスト

を今回の記事の中からまとめました。


この


『紹介の連鎖が起こる 契約数15件の国内生命保険営業がしているチェックリスト』


手に取るあなたが、

今日も笑って過ごせますように^ ^


水色のダウンロードボタンからどうぞ!!



Mさんへのインタビュー動画はこちらです。

中西 龍一

中西 龍一

助け舟株式会社 代表取締役 営業塾助け舟主宰、現在塾生110名、営業トーク&顧客管理ソフト営業トークUP開発 リフォームの飛び込み営業で4年で4億円の売上を達成。 過去に太陽光販売の個人営業で中四国地方の契約件数No1の実績を持つ。 現場第一の現場主義。営業に特化した研修講師。 現場で通じる営業トーク&チラシ作成の指導を得意とし、現在までに1000人以上に営業ノウハウを指導。 営業未経験の40代の主婦が飛び込み営業で2か月目から塗装工事を毎月3件の契約を頂いてくるなど実績、結果多数。

「営業トーク」
オススメ人気記事

「営業 雑談」
オススメ人気記事

「アポイント」
オススメ人気記事

「生命保険営業」
オススメ人気記事

「リフォーム営業」
オススメ人気記事




営業トーク、飛び込み営業の営業塾助け舟のYOUTUBEチャンネル.jpg

【LINE 限定動画】
プレゼント中 ☟

↑(画像クリックでご覧になれます)  

LINEから「営業のコツ」を

週1回 無料で受講する


↑ (画像クリックでご覧になれます)  

【7つのSTEP】オンライン営業術



↑(画像クリックでご覧になれます)  

メルマガ限定ノウハウを読む


営業トーク、飛び込み営業の営業塾助け舟のYOUTUBEチャンネル.jpg

↑ (画像クリックでご覧になれます)  

【営業動画】公式チャンネル


【LINE 限定動画】
プレゼント中 ☟

↑(画像クリックでご覧になれます)

LINEから無料「営業のコツ」を週1回受講する


↑(画像クリックでご覧になれます)  

お悩み「一問一答」一覧


人気記事ランキング

タグ一覧


新着記事

相談者様のお声&結果


↑(画像クリックでご覧になれます)  

LINEから無料「営業のコツ」を週1回受講する


営業塾助け舟

↑(画像クリックでご覧になれます)  

お悩み「一問一答」一覧

https://tskb.co.jp/question&answer


LINE から、無料で
週に1~2個
「営業のコツ」を受講する

  ☟

QRコードでLINEの友だちを追加


↑(画像クリックでご覧になれます)  

メルマガ限定ノウハウを読む