助け舟 営業ノウハウ動画 YOUTUBE
Original

生命保険営業の営業トークのコツで重大月に契約10件& 給料が3倍になったTさん

こんにちは。


最近、

湯船にスマートホンを落として


『うおおおおお( ゚Д゚)』

となった中西です。ヒヤヒヤ


今回は、


オンライン営業塾

生命保険営業のトークとコツを学ばれ、


4人のお子さんの

子育てをしながら


生命保険営業として

成果を残し続けている

Tさんへの

インタビュー記事です。



オンライン営業塾

こちらです(^^)


営業 研修



↑画像クリックでご覧になれます。



今回のインタビュー動画は

こちらです(^ ^)

​​​​​​​


僕、中西のところに

問い合わせをくれた時、


Tさん


「子供たちに

我慢させながら

生命保険営業をしてるのに・・。


こんなに動いてるのに

なんで数字は

上がんないんだろう・・」


と泣きながら、

本音を話してくれたTさん。


4人のお子さんの子育てと

営業という仕事の両立に

悩んでいたTさん。


そんなTさんが、


オンライン営業塾

生命保険営業の営業トークのコツや、

売り込まない営業、


『インバウンドセールス』

のコツを学ばれた率直な感想を

お話しくださいました。


インバウンドセールスとは

お客さんの方から問い合わせてくれる

営業方法です。


アウトバウンドは

テレアポや訪問営業のことです。



中西


では、Tさん

よろしくお願いいたします。


Tさん


中西さん、

お疲れ様です。


よろしくお願いいたします。


1. 生命保険営業のトークとコツで契約10件&給料3倍のTさんの成果

中西


まずは、

Tさんの

相談後の成果から

確認していきますね。


Tさん


お願いします。


1-1. 生命保険営業の営業トークのコツを学んだTさんのご相談後の成果


ご相談後の成果

【相談前】

平均契約件数 2件/ 月

【相談後】

平均契約件数 6.25件/ 月
3倍以上

⇨お給料が3倍になった。


中西


相談前まで平均2件

だったのが、


5月にご相談を頂いた後の

成績はこうなっています。


合っています?


Tさん


そうですね。

中西


5月が5件、

6月が7件、

7月が6件…


8月が5件、

9月が5件に

10月も5件。


中西


そして、

ノルマが上がる重大月※

である11月が、

ご契約10件。


それから、12月が7件。


※多くの生命保険会社が設定している、

業界内での売上強化月間のこと。

1年を通して、

2月・7月・11月がそれに当たる。


1-1-1. 生命保険営業の営業トークのコツでコンスタントに契約件数が上がった


中西


5月に相談下さって、


そこからコンスタントに

契約件数を上げています。


本当、Tさん頑張りましたね!


Tさん


ありがとうございます。


2. 生命保険営業の営業トークのコツを学ぶ前、どんなことに悩んでいましたか?


中西


Tさん、

僕に問い合わせ

してくれた時って


去年の5月位でしたよね。


Tさん


そうですね。

ゴールデンウィーク明け

だったと思います。


中西


その時、

何に困ってました?


Tさん


そうですね。


人より動いているのに、

そして子供にも

我慢させながら

働いているのに…


結果が付いてこない

って悩んでたんです。


Tさん


問い合わせた時は、

久しぶりに良い成績で

終えた月の後

だったんですけど、


全部の見込みを

今月に入れ込んじゃったから


この後がないし、

怖さしかなくて。


2-1. 生命保険営業の営業トークのコツを学ぶ前は「もうこれ以上頑張れない」と思ってた


Tさん


毎日、

会社から支給された端末から

今まで何度も見てきた

お客さんの名前を見直して、


『もう頑張れない』

って思ってた時でした。


どう頑張っていいか、

もがいていた時です。


中西


最初にお電話で

お話しした時、


本当に、

苦しそうだったですもんね。


Tさん


そうですね。

何をしたらいいか、

分からなかったんです。


営業方法の教育を

受けてなかったんだと思います。


2-1-1. 生命保険営業の営業トークのコツを学び始める前、上司が突然会社を辞めて誰に頼れば良いか分からなかった


Tさん


私は、

上司に言われたことを

素直にやってたんです。


素直にやっていく中で、


「え?こんな強引なことを

お客さんにして良いの?」


「いきなり売り込み?

お客さん嫌がってるけど・・」


って思ってました。

疑問点がすごく多かったんです。


Tさん


保険営業を始めて

ちょうど2年経って


リーダーからも

一応手が離れて・・・


こから頑張らなきゃいけない

3年目っていう

タイミングだったんです。


Tさん


それに、私の場合は、

1年目を終えたあたりで

当時の私の担当リーダーが、


いきなり仕事に来なくなって

辞めちゃったんです。


1年間、

私は補佐リーダーも

つかないまま、


教育を受けないままで

2年が経ってしまって・・・


中西


それは…

大変でしたね。


Tさん


そんな状態で

3年目を迎えたので


「これからどうやっていこう?」

って思ったんです。


「もう同じ会社の人から

教われないんだったら、

どこかから教わらなきゃ」


っていうのがあったので、

問い合わせたんですよね。


3. 生命保険営業の営業トークのコツを学び契約件数が3倍になった


中西


相談前が月平均2件だったのに、

相談後は、

月平均6.25件。


3倍以上ですよね。


ほんと頑張ってましたもんね、

試すのが早かったですもんね。


Tさん


そうですね。


営業塾で教わった

営業ノウハウ、

営業トークは

初めて聞くことばかりで。


「あ、これは…

やったことないから

やってみよう」


でしたね。


Tさん


営業トークを試して、

お客さんの反応を見て、

中西さんに報告して、


改善の繰り返しでした。


中西さんから教わることは、

やったことのないこと

ばかりだったんです。


3-1. 営業ノウハウの中で一番良かったものは「PDCA」だった



中西


営業塾には営業ノウハウや

営業トークが

大量にあったと思うんですよ。


その中で、

これが1番良かった

っていうのはあります?


Tさん


「PDCA※を書くこと」

ですかね。

自分の1番苦手なところでも

あったんですけど。


オンライン営業塾

作成する振り返りノートのこと。


中西


え?Tさん、

苦手だったんです?!


Tさん


そうですね…(笑)


PDCAを書かずに、

振り返りをせずにいると、


自分が実践していることが

漠然としてしまう。



営業トークや雑談も、

頭の中でなんとなく

喋ってる状態になるんです。


Tさん


だけど、

毎日実践していることを

PDCAという紙に書き出すことで、


「あれ、営業トークここが出来てないじゃん」

って、気付ける。


具体的な振り返りが

できたのが

凄くよかったんです。


Tさん


その後、

PDCAを書かなくても、

営業トークを修正できたり


営業トークを一字一句で覚えられてない時は、

「そうじゃないだろ」って

自分自身に突っ込んで、


適切な問いが

立てられるようになった

っていうのは大きかったと思います。


中西


そうですね。


営業トークはこだわって作ってるから、

一字一句で覚えないと、

意味が無くなるんですよね。


Tさん


「今、自分どこでつまづいているの?」

「じゃあ次どうするの?」


っていうのを、

常に考えられるようになったんです。


だから、

営業が楽しくなったんだと思います。


3-1-1. 生命保険営業の営業トークのコツを学び、変わったのは自分のお辞儀だった


中西


営業塾でお伝えしている

営業ノウハウや営業トークのコツで、


「これはお客さんの反応が

変わったなぁ」


っていうのは何かあります?


例えば、

「こんな簡単なことで

変わるんだ」

みたいな。


Tさん


営業トークのコツや、

他の営業ノウハウも

良かったんですけど、


私個人的には、

90度のお辞儀です(笑)


中西


あれほんと、

お客さんの反応変わりますよね?


営業トークどうこう

だけじゃないんですよね。


Tさん


そうですね。


多分、

お客さんの反応だけじゃなくて、


自分の気持ちも

変わるんですよね。


中西


例えば、

どんな感じです?


Tさん


お客さんに対する

感謝でしょうか。


この家を見て、

このお宅に感謝というか。


この地域、この地区に

いつもお辞儀をしていると、

感謝の気持ちが強くなると言うか…


Tさん


昨日、実はうちの主人と、

あるお店に食事に行ってたんですけど。


そこに偶然、営業マンの方が

年始の挨拶に来たんですよ。


Tさん


そこのお店は既に

ご契約をしているみたい

なんですけど、


その挨拶の仕方が…


「私、前はああだったなぁ、

ダメだなアレじゃあ」


って、思わず思ってしまう

挨拶の仕方だったんですよ。


Tさん


お店の店長さんも、

ちょっと嫌そうな雰囲気で、


「あ、はい。はいはい」


って感じだったんです。


その店長は、

すごくいい方なんですよ。


中西


その営業マンの方は、

そう言うことを教わって

来なかったのかも知れませんね。


Tさん


私もカウンターとかで

飲んだりするようにして、


わざと社章を付けて

行ってたりしてたんです(笑)


そうしたら、

「やっぱり、

保険の姉ちゃんだったか」

ていうのから、


「お客さんで保険考えてる人いるから」

って紹介までくれるようになった

店長さんなんですけど。


中西


あ、ご紹介を。

さすがです。


Tさん


はい。

ご紹介をいただけるように

なりました。


「今度その人、いついつくるから

その時ひょっこり来なよ」


っていうこととかあって。


ご契約もらった方とかも

いたりするんですけど…


「お辞儀ってすごいなぁ」

っていうのが

本当のところです(笑)


中西


間違いないですよね。


リアクションと

パーソナルスペースと

お辞儀。


これをちょっと変えるだけで

ガラッとお客さんの反応が

変わりますよね。


Tさん


そうですね。


自分がお客さんの立場だったとしても、

気持ちがいいですもんね。


そういう営業の方に

来ていただいたら。


中西


ありがとうございます。

いつもMさんとかいろんな人が


「Tさんすごいです」

って言ってます。


まぁ、それはすごいですよね。

一気に契約件数が

上がりましたもんね。


Tさん


お陰様です。

ありがとうございます。


4. 生命保険営業の営業トークのコツを学んだTさんが助け舟の営業塾を知ったきっかけは?


中西


話は戻るんですけれども。


どこで僕らを

知っていただけたんですかね?


Tさん


ネットでした。

スマホで営業トークを

ググったんだと思います。


ずっと、

営業で成績を

上げたいと思っていたんで。


中西


営業ノウハウや営業トークを

教えてくれる人は、

僕の他にもいるわけじゃないですか?


凄い人も、

中にはいますし。

その中で、

どうして僕らに

問い合わせてくれたんです?


Tさん


他の営業コンサルの方が

コンサルティングをしている

動画は、観てはいたんです。


でもあれって、

先生がお一人いらっしゃって、


凄い人数の人に

同じ内容を話すだけじゃないですか。


Tさん


そういうところが多いですね。

私も行ったこともあるんですけど。


だから、知識として得られるけど、

万人に適用しないものも

あったりして…


それをどうオリジナルにしていくのか、

私にはいまいち、

分かってない部分があったんです。


Tさん


できる人ならきっと、

いいと思うんですよ。


その人の話を聞いて

「自分の仕事としては、

これがこうだからこうしていこう」


っていうのがわかっている人であれば、

プラスだと思うんです。


まぁ話を聞きに行って、

マイナスっていうのは

ないと思うんですけど。


Tさん


でも、何回も行っているけど

行動に移せていない自分に

気づいていて。


行動に移すのに

甘い自分もいたりして…。


中西


分かります。

僕もそういう時、

あります。


Tさん


どうしても自分に甘くなって、

「いや、それはできない」

って決めつけたりとか。


やってみてもないのに、

できないって決めていた

自分がいるんですけど(笑)


4-1. 生命保険営業の営業トークのコツを学んだTさんが中西を選んだ理由は?


Tさん


中西先生のところで

頑張りたいって思ったのは、

理由があって…


問い合わせして

内容を伺ったときに、


「毎日営業していて

困ったらいつでも電話ください」


って、

中西先生に言われたときに、

私は上司に聞ける環境がないので…


「困ったときに聞けるんだ!」

って言うのが嬉しかったんです(笑)


中西


聞けますよ^ ^


Tさん


そうなんですよ。

そこですよね。


4-1-1. 親身にサポートしてくれる環境があったから、中西の営業塾を選んだ


Tさん


会社では誰かに聞いてると、

「なんでそんなこと

質問しに行ってんのとか」

言われるような環境なんですよ。


なので、本当に

1人じゃないって

思えるのが良かったです。


Tさん


何百人が一斉に参加する講演を

聞きに行っても、

親身に…とは

ならないじゃないですか。


やっぱり、頼りたいときに

頼れる場所が欲しかったので。


人間てモチベーションを

保ち続けるのが難しいので、


そういう時にポンと巡り会えた

というか出会えたというか、


ほんとご縁だったと思います。


5. 生命保険営業の営業トークのコツを学んだTさん、問い合わせした時の不安は?


中西


問い合わせたとき、

不安に思ってなかったです?


大丈夫かなって?


みんな言ってくれるんです

「思ってました」って(笑)


Tさん


そうなんですか?

私、何でも飛びつくんですよ。


確かに新しいものって

リスクあるじゃないですか。

何に対しても。


リスクを買うことに

慣れてはいたので。

ただ不安はありました、もちろん。


でも不安に思っているままだと、

不安な事しか起きないと知ってたので。


中西


なるほど。

そうですよね。

その時ってTさん,


涙を流しながら

教えてくれたじゃないですか。


中西


しかも、

がんばっても、

がんばっても…でしょう?


Tさんは、

お子さんが大好きでしょ?


それが会えないのが苦しいし、

なんかうまくいかないし、

お客さんは離れていくしで、


大変だったと思うんです、あの時。


Tさん


そうですね。


「これがエンドレスなのか。

いつまで続くんだろう。」


って思ってましたね。


5-1. 生命保険営業の営業トークのコツを学んで給料3倍のTさんの今の気持ち


中西


でもよかったです。

契約が3倍になって。


Tさん


本当に信じられないです。

お給料も三倍になりました。


中西


ほんとですか?!


Tさん


確定申告がもうそろそろで、

12ヶ月分の給料明細を


こないだ、

まとめて出したら、

「あらこんなに(笑)アハハ」


中西


アハハ、

ってなってますね!(笑)


本当に良かったです!


Tさん


去年と比べたらほんとに。

去年の全部と比べたら、

2倍いかないぐらいなんですけど。


中西


まあ、5月から

研修始めましたもんね。


5-1-1. 生命保険営業の営業トークのコツを学んでこれからも頑張りたい


Tさん


今、基本給が上がったので。

今年はさらに上を目指さないと。


中西


いけます、いけます。

いやー、よかったです。


6. 生命保険営業の営業トークのコツを学び始めた当時、中西と営業塾の印象は?


中西


実際に、

僕としゃべってみて

第一印象どうでしたか?


Tさん


話しやすかったです。


中西


本当ですか?

よかったです。


研修前の不安は当然、

誰でもあると思うんです。

あって当たり前だと思うんです。


開始後の不安って何かありました?


例えば多いのが、

「私にできるかなぁとか」

「あの人すごい!」みたいな。

どうしても比べちゃったりとか。


Tさん


それはありますよね。

比べちゃいけないとは

思ってるんですけど。


やっぱり、

自分よりできる人を見ると・・・


中西


出来る人は、営業塾の中に

いっぱいますからね(笑)


Tさん


すごいなぁと思います。


中西


いろんな業種の

凄い人も何人かいますんで。


業種、性別、

地域関係なく、


みんなで頑張ってたら、

あーそういう考えもあるのか

みたいな気づきも出ますもん。


6-1. 生命保険営業の営業トークのコツを学ぶ中、営業塾でのやり取りで印象に残っている話は?


中西


「あの人の投稿や発言で

こういうこと気づけました!」


みたい感想を

よくもらうんですよ。


そういうよい影響って

ありました?


Tさん


たくさん、

ありましたよね。


中西


印象的なのってあります?


Tさん


「私もこれやろう」と、

思っているのが・・・


背中に「正直者」

って書いてあるジャンパー着て、

営業しようと思ってるんですけど(笑)


Tさん


ああいうのとか、

今回の、

会社の全国研修でもあったのが、

いろんな人の悩みを聞いていて


「やっぱり目立たないといけないなぁ、

気に入ってもらえないといけないなぁ」


て言うのがあって。


やっぱりもうジャンパーだなって

思ったんですけど。


何か人と違うことをやらないと、

ある意味、保険って、

どこも似たり寄ったりじゃないですか。


中西


確かに、

そうなんですよね。


6-1-1. 生命保険営業の営業トークのコツを学び、人とは違うことをしないといけない事に気づいた


Tさん


初めてお会いした方の

悩みを聞いた時に、


それに対してすぐに

「こういうこと調べてきました」

っていうのを持っていったりとか…


「人と違うことを

していないといけないなぁ」


っていうのは本当に、

いつも見せられてますね。

私もまだまだ人並みなところがあるので。


中西


そうですかね?

ハハハハハハ(笑)


Tさん


今の営業部の中では、

同じチームの中では、

1番やってると思いますけど。


でもそこで不安じゃないけど、

そうじゃなくても、

できてる人がいると


「あの人はなんでできるんだろう?」

とは思ったりしますけど。


中西


影でやってるんですよ、

売れてる人はみんな。


絶対ですよ。

見せないだけ。


人がいい人は

「こうやったらいいですよー」

とかを教えてくれるけど。


Tさん


確かに、

売れている人はそうですよね。


あ、やってるなぁとか、

影でこっそりやってるなぁ

っていうのは結構みたりするので。


中西


大丈夫ですよ。

僕も相当やってきたのを

そのまま、


営業塾のみんなに、

お伝えしているので。


フルオープンですからね、僕は。

隠しませんからね。


Tさん


ありがとうございます。


7. 生命保険営業の営業トークのコツを学んで「4人の子供達に習い事をさせてあげられるようになった」


中西


実際、

お給料が3倍になったって

言うことなんですけど、


最初にお話しした時、


「お子さんに習い事させてあげたい」

「好きなことさせてあげたい」

とか、


そういうフレーズを

覚えているんですけど、

それは実現して行きました?


Tさん


もう充分です(笑)


もう収入がプラスになった分、

本当に全部、習い事を子供たちに

させているので。


今も、スイミング行ってますけど(^ ^)

それをやり始めたら、


「ダンスをやりたいんだ」

って言い始めて…


ダンスとピアノをやりたい

っていうから、

それは「いいよ(^ ^)」って

言ってあるんですけど。


Tさん


受験生の子も

塾にいかせ始められたし。


遠慮してたんですね娘は。

「塾にいかなくても

私は頑張れるから」って。


だからほんとに5月から、塾に。

私はやるって決めたので。


5月から塾にいかせて、

スイミングとかは

夏休み前から入れて・・・


だから私、

今、仕事を辞められない。


中西


お子さん4人ですよね?


Tさん


はい。


中西


それぞれのお子さんが

習い事に行けるようになったんです?


Tさん


そうですね。


みんな3つずつ

やっちゃってるんじゃないですかね。


中西


あはは。

12個!


Tさん


そうですよ。


だからこれが1人だったら、

3個で済んでるんだけどなぁ

って思いますけど(笑)


7-1. 生命保険営業の営業トークのコツを学び、研修費用の元はとれました?


中西


本当によかったです^ ^


Tさん、

営業塾の費用の元は

取れました?


Tさん


元はとってます。


中西


元っていうか、

おつりきてません?


Tさん


はい。


いや1月頑張ったら、

元は取れるんだなー、

ってあの時思ってはいたんですよ。


1月頑張ったら、

取れた時があるので。


中西


よかった。


ほんとよかったです。


7-1-1. 生命保険営業の営業トークのコツを学び、自分という「人」を売れるようになった


Tさん


今だから言えるんですけど、


『保険を買ってくれなくても

私を買ってくれればいいや』

と思っているんで。


中西


間違い無いです。

本当、間違い無いです。


Tさん


なので、もう全然、

お客さんに対して

「保険、保険」って

思っていなくて。


「ちょっと今ご飯作ってて、

味がわからなくなっちゃったから

来てくれる?」とか(笑)


中西


「いいですよ」とかって言って。


「どう?」

「ほんと美味しいです。」

「じゃぁ、タッパに入れるから

ちょっと持ってきな」


って言って、

夕飯ができたみたいな。


そういうとき、

私何してんだろうなとか。(笑)


中西


でも、数字はついてくる?


Tさん


そうですね。

やっぱりそのおばあちゃんが、


「あそこにね、

お孫ちゃんが生まれるから」とか。

やっぱり情報はくれますよね。


中西


さすがです。


8. 生命保険営業の営業トークのコツを学んだ今、助け舟の営業塾にきて1番良かったことは?


中西


Tさん、

僕らの営業塾に来て、

1番良かったって思うことは?


Tさん


足が止まりそうになるときも、

がんばっている人が見れるので。


モチベーションが上がります。


中西


そうですね。

頑張ってますもんねみんな。


Tさん


「すごいなぁ」じゃなくて。


「いや、やんなきゃ私も」

ってモチベーションが、


常に高いところで持ち続けられる

っていうのは凄くよかったです。


1人じゃないと思えたのが、

1番よかったです。


中西


そうですね.


毎週水曜日、みんなで

「わーわー」

やってますもんね。いつも(笑)


Tさん


でも最初のうちは、


営業塾の勉強会に参加するのも

実は、怖かったです。


中西


え、そうなんです?!


Tさん


すごい売れてる人たちばかりだから、

そこに行くのが怖かった事が

2、3回があるんです。


でも、自分も皆さんのように

がんばってたら、

だんだん数字ついて来てるじゃん

って思った時に、


「水曜日はしゃべれなくても、

必ず聞かなきゃ」

って思いました。


Tさん


それから、

仕事帰りに運転しながら、


ずっと勉強会での皆さんの会話を

聞いてる状態になっていきました。


中西


まあ、

楽しくやりましょう(笑)


8-1. 生命保険営業の営業トークのコツを学び紹介&相談も増えた



Tさん


給料が3倍になって、

数字も平均2件から平均6件、

多い月でも10件いったり、


紹介も増えて、

相談も増えて、

ほんとよかったです。


Tさん


ありがとうございます。


9. 生命保険営業の営業トークのコツを学んだ今、どんな人が助け舟の営業塾に来たらいいと思いますか?


中西


ありがとうございます。

最後に、


どんな人が僕らの、

助け舟の営業塾に

来たらいいんじゃない?

って思います?


こういう人だったら合うんじゃない?

とかってあります?


Tさん


昔の私と同じように、

本当に何をどうしていいか

分からなくなっている人には、


ほんとに教えてあげたいですよね。


中西


よかったです。


9-1. 生命保険営業の営業トークのコツを学び,背中を押してくれる人の存在がありがたかった


Tさん


本当に行動にうつせる。

行動に移すまでって

やっぱり怖いから、


誰かが背中を押してくれないと

できないことって、

すごくあると思うんですよね。


Tさん


例えば飛び込みとか、

うちの会社の場合、


飛び込み営業やってる人なんて

ほとんどいないので…


それこそノウハウを

教えてくれる方はいなくて、

でも「実は、私はやっているんだ」

っていうところで、

ちょっと自信になったりとか。


やっぱり飛び込みも、

最初は怖くて。


中西


そりゃそうでしょうね。


Tさん


いきなりピンポンしていいのか?

それともビラ配るのかとか?


だったら、

やってみるしかないんだから、

怖いんだったら、


まずビラ入れておいて

それからピンポンすれば

いいんじゃないかって

思えたのもあります。


怖いからやらないでいたところを、

常に背中を押して

いただいていたと思います。


9-1-1. 生命保険営業の営業トークのコツを学びインターホンの突破率はどうなった?


中西


具体的な一歩目が

わかれば動けますよね?


なんとなく「やるぞ」だと、

「何からやれば?」

みたいになるんで。


細かく、

「何を」「いつまでに」

「どのレベル」で、


「何を」の、

ベビーステップでいちばん

手前の行動がわかれば、

結構動けますよね。


Tさん


そうですね。


飛び込みもノウハウを

知らずにやってたら、


出てくれる件数も

もっと少ないだろうな

って思います。


あれは本当にお客さんも

「とりあえず出ようか…」

って感じ(笑)。


中西


今どれぐらい出てきて

もらえているんです?


6割~7割? 

だいたい僕で

7割ぐらいなんですよ。


Tさん


あー、そうなんですね。

7割いかないぐらいですね。


中西


6割?6割いけば

十分じゃないですか?


普通、だって2割、

3割の世界ですもん。

よかった(笑)


中西


じゃあ、Tさん、

ハツラツ特別研修、

連続で行けて絶好調ですね。

基準も達成して。


またみんなが困っていたら

教えてあげてください。


Tさん


みなさん、

私なんてすぐに

追い抜いていけるぐらいです、

まだ私なんて。


中西


いや、大丈夫です。

大丈夫ですよ。


今回は、

ありがとうございました。


​​​​​​​

Tさん


ありがとうございました。


10. 【まとめ】生命保険営業のコツ&営業トークのコツ


ここまで、

お読みいただき

ありがとうございます(^ ^)


今回のTさんへの

インタビューの

まとめです。


【生命保険営業のコツ&営業トークのコツ】は

こちらです。


10-1. 生命保険営業のコツ&営業トークのコツ


【生命保険営業のコツ】

1. お辞儀90度をして、
お客さんに感謝を伝えること

※本当にお客さんの
反応が変わるので
試してみてください(^ ^) 


2. 「保険を買ってくれなくても、
私を買ってくれればいい」と考え、

自分という「人」を買ってもらうこと

ーーーーーーー

【営業トークのコツ】

1. 営業トークは
一字一句レベルで
覚えること

※売れる営業トークは
何となく曖昧に覚えて喋っても
効果はありません。
一字一句を再現しましょう。


2. 営業トークは試して、
お客さんの反応を見て、
改善していく


10-1-1. 最後に


これらの

生命保険営業のコツ&

営業トークのコツの中から


1つでも、

実践してみて

くださいね(^^)


遠くから、

この記事を

ご覧くださっている

あなたを

応援しています。


一緒に頑張りましょう!



今回、Tさんに受けて頂いた

オンライン営業塾

こちらです(^^)



↑画像クリックでご覧になれます。


今回のインタビュー動画です(^ ^)



中西 龍一

中西 龍一

助け舟株式会社 代表取締役 リフォームの飛び込み営業で4年で4億円の売上を達成。 過去に太陽光販売の個人営業で中四国地方の契約件数No1の実績を持つ。 現場第一の現場主義。営業に特化した研修講師。 現場で通じる営業トーク&チラシ作成の指導を得意とし、現在までに600人以上に営業ノウハウを直接指導。 営業未経験の40代の主婦が飛び込み営業で2か月目から塗装工事を毎月3件の契約を頂いてくるなど実績、結果多数。

「営業トーク」
オススメ人気記事

「営業 雑談」
オススメ人気記事

「アポイント」
オススメ人気記事

「生命保険営業」
オススメ人気記事

「リフォーム営業」
オススメ人気記事







↑(画像クリックでご覧になれます)  

あなたへの営業のコツ

翌日に契約が取れた方もいます


【LINE 限定動画】
プレゼント中 ☟

↑(画像クリックでご覧になれます)  

LINEから「営業のコツ」を

週1回 無料で受講する


↑ (画像クリックでご覧になれます)  

【営業動画】公式チャンネル


トップセールスラボ 営業塾助け舟 飛び込み営業 営業トーク 生命保険営業 リフォーム営業

↑ (画像クリックでご覧になれます)  

【営業動画】公式チャンネル


【LINE 限定動画】
プレゼント中 ☟

↑(画像クリックでご覧になれます)

LINEから無料「営業のコツ」を週1回受講する


↑(画像クリックでご覧になれます)  

お悩み「一問一答」一覧


人気記事ランキング

タグ一覧


新着記事

相談者様のお声&結果


↑(画像クリックでご覧になれます)  

LINEから無料「営業のコツ」を週1回受講する



↑(画像クリックでご覧になれます)  

お悩み「一問一答」一覧

https://tskb.co.jp/question&answer


LINE から、無料で
週に1~2個
「営業のコツ」を受講する

  ☟

QRコードでLINEの友だちを追加