catch-img

【ハガキ営業 例文3選】冷たいお客さんが優しくなった!ハガキ営業3つの成功例



この記事の読了時間は約6分です



最近、花粉症がひどく、鼻を取って洗いたい

助け舟株式会社の田尻です(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)


今回は、契約確認のアポイントをきっかけに、

冷たいお客さんが優しくなった

ハガキ営業の3つの成功例』をお伝えします。


今回の記事のもとになった動画はこちらです^ ^

営業のハガキの例文を知りたい

「手取り早く結論だけ知りたい!!」

という方は、

【無料の特別付録】「冷たいお客さんが優しくなったハガキ営業【3つの成功例】

を、ダウンロードくださいませ^ ^

【無料の特別付録】

冷たいお客さんが優しくなった

ハガキ営業【3つの成功例】


今回の記事をサクッと

要点だけ読みたい方へ


◼あなたの現状を変えるために

今すぐ使える


冷たいお客さんが優しくなった

ハガキ営業【3つの例文】



を今回の記事の中から

まとめました。


これを手に取るあなたが、

今日も笑って過ごせますように^ ^


水色のダウンロードボタンから

どうぞ!!


営業ダウンロードボタン



目次[非表示]

  1. 1.生命保険営業のよくある相談「契約確認時の一方的な提案で断られる」
    1. 1-1. 生命保険営業のよくある提案方法:初めて会うお客さんにも「新しい保険が出ました!」
      1. 1-1-1.生命保険営業上司の指示「契約確認の時は必ず提案書を持っていくのが当たり前」
  2. 2. 営業では人間関係ができていない相手に提案すること自体が間違い
    1. 2-1.上司の指示通り「契約確認の時は必ず提案」を続けた結果、3ヶ月間契約ゼロ
      1. 2-1-1. 提案書を出す前に、まずは「お客さんに名前を呼んでもらうこと」を目標に
  3. 3.営業で一番最初にするのは「お客さんに自分を知ってもらうこと」
    1. 3-1.お客さんに自分を知ってもらうために有効な「ハガキ」
      1. 3-1-2.ハガキでお客さんの反応が180度変わる
  4. 4.お客さんとの人間関係が構築しやすくなるハガキ営業【3つの例文】
    1. 4-1.【例文1】担当者変更お知らせハガキ
      1. 4-1-1.ポイント1:相手が思っていることを先に伝える
      2. 4-1-2.ポイント2:お客さんへの約束
      3. 4-1-3.ポイント3:季節の気にかけの言葉
      4. 4-1-4.「担当変わりました。よろしくお願いします」と書かない担当者変更お知らせハガキ
    2. 4-2.【例文2】訪問後のお礼状ハガキ
    3. 4-3.【例文3】止まらない「季節の気にかけハガキ」
  5. 5.気にかけハガキを送り続けると、怒っていたお客さんも笑ってくれる
    1. 5-1.ハガキで人間関係構築ができ、お客さんから相談をもらえるようになる
      1. 5-1-2.紹介が増え精神的にラクな「断られないハガキ営業」
      2. 5-1-3.初対面のお客さんにはハガキからスタート
  6. 6.まとめ
    1. 6-1.営業では人間関係ができていない相手に提案すること自体が間違い
    2. 6-2.お客さんに自分を知ってもらうために有効な「ハガキ」
      1. 6-2-1.【例文1】担当者変更お知らせハガキ
      2. 6-2-2.【例文2】訪問後のお礼状ハガキ
      3. 6-2-3.【例文3】止まらない「季節の気にかけハガキ」
    3. 6-3.ハガキで人間関係構築ができ、相談・紹介をもらえるようになる
  7. 7.さいごに

1.生命保険営業のよくある相談「契約確認時の一方的な提案で断られる」

本日は、東京都で生命保険営業をしている方からご相談を頂いています。

営業 辛い

「契約確認(定期点検)のアポイントで追加や見直しの提案をしても、

なかなか契約に繋がりません。」

上司からは、

怒る上司

「契約内容確認の時は全員に見直しの提案してきて!

とりあえずたくさんの人に会ってれば、誰かは契約になるから!!」

と言われます。

営業 辛い

「そんなんで契約もらえる??」と疑問に思いながら、

重い足取りでお客さんに会いに行き、


「実は、今、新しい保険が出ていまして‥」と恐る恐る切り出すのですが、

あからさまに嫌な顔をされてしまいます。


上司の指示通りに行動しても、成果に繋がらず辛いです」


中西

この相談、生命保険営業の方から本当によくいただくんですね。

今回は、

契約確認のアポイントで一方的な提案をしてお客さんに嫌がられていた状態から

お客さんが優しくなるハガキ営業【3つの例文】をお伝えします^ ^


1-1. 生命保険営業のよくある提案方法:初めて会うお客さんにも「新しい保険が出ました!」

中西

この相談聞いて、どう思う?

田尻

はい!すっごくよくわかります!

私も同じようなことをやってたんで。


生命保険営業は、

年に1回、契約内容の確認をするために、既契約者さんのところへお伺いします。


その時、

お会いするのが初めてのお客さんだったとしても

営業 売り込み

「新しい保険が出ましたよ!」

「今見直しをすると、保障が充実して安心ですよ!」

と、都合の良い理由をつけて、提案書を出すことがよくありました。


営業都合の提案書


1-1-1.生命保険営業上司の指示「契約確認の時は必ず提案書を持っていくのが当たり前」

中西

どうしてそうやってたの?

田尻

それは…



上司に


「契約確認の時は必ず提案書を持っていくのが当たり前」


って言われるから、


なんの疑問も持たずに、

上司の指示通りにやってたような感じです。

中西

その結果どうなったの?

田尻

断られてばっかりでした。

もう、すっごく辛かったです。


だから成績にはあまりならないような

月500円追加くらいの提案書でさえ持って行って、

「なんとか契約になって!」って、その一心でした。


いざ、お客さんに恐る恐る提案書を見せて、

「まぁこれくらいだったらいいよ」

って言ってもらえた時は、めっちゃ嬉しかったです。


営業 ハガキ 例文 4


中西

それって、

とにかく何でもいいから提案書を持ってく感じ?

「数打ちゃ当たる」みたいな?

田尻

はい、本当にそんな感じです。


2. 営業では人間関係ができていない相手に提案すること自体が間違い

大前提として、

「人間関係が出来ていない相手に、営業都合の提案をする時点で間違っている」

って知ってた?


中西

だって、

全然知らない人で、人間関係も構築できてないんでしょ?


お客さんに名前呼んでもらえてた?

田尻

名前も呼んでもらえてないですね。


前任者の引き継ぎのお客さんが多かったんですが、

お会いした時点では、

私が担当だっていう認識も、なかったと思います。

営業担当として認知されていない


中西

じゃあ、

田尻さんのことを、覚えてもらってないってこと?

田尻

ほとんど「初めまして」の状態です。

中西

ってことは、


「初めまして!この提案書持ってきました!見てください!」


こんな感じですか?

営業 初めまして!提案書見てください!


田尻

そうです!

そんな感じでした!


で、そんな提案のしかただと、全然契約決まらなくて。

中西

そりゃそうだ!

田尻

でも、何がいけないのかわからないから、


「なんで決まらないんだろうなぁ」

「だんだんしんどくなってきたなぁ」


みたいな感じになってました。


営業 辛い


2-1.上司の指示通り「契約確認の時は必ず提案」を続けた結果、3ヶ月間契約ゼロ


中西

お客さんから頼まれてもいないのに、

「これがダメなら、次はこれ!」みたいな感じで、

いきなり提案書持って行くんだよね?


それ、辛くない?

田尻

辛いですよ!!


お客さんが嫌がってるの、見ててわかりますから。

田尻

でもいつも上司が同席して、

じっと私のやることを見てるんです。


しまいには、

「あの提案書どこ?」ってカバンをあさられるので、

「言われたとおりにしないと怒られるんじゃないか」って怖くて。


そんな時は、お客さんの引きつった顔を見ながら、

内心「出したくない…」と思いながら

「実は、今新しい保険が出ていまして…」


って切り出してました。


中西

それで、ずーっと契約0だったんだっけ?

田尻

3ヶ月間、契約0でしたね。

中西

3ヶ月間0って、えぐいよね。

田尻

ほんとに。やばいです。


2-1-1. 提案書を出す前に、まずは「お客さんに名前を呼んでもらうこと」を目標に

中西

それって、

例えて言うなら、


初めて会う人に、


「私の手作り弁当食べてください!」


ってやるみたいな感じ?

田尻

ほんとにそんな感じです。

今思えば、怖いですよね。

中西

営業も、同じなんだよね。


お客さんに名前も呼んでもらえていない状態で提案しても、

断られるのは当然です。


なぜならば、

どこの誰だかわからない営業にいきなり提案書を出されたお客さんは、

こんな気持ちになってるからです。


いきなり提案 お客さんの気持ち

【初めて会った営業にいきなり提案書を出されたお客さんの気持ち】

・「あなた、誰?」

・「新しい保険の話なんて聞きたいって言ってないのに」

・「挨拶だけしに来るって言ったじゃん。早く帰ってくれないかな」


中西

お客さんから

こんなふうに思われてる状態で提案書を出しても、

契約がもらえるわけないですよね。


このようなことは、

本来なら、上司が伝えるべきことなのですが、

実際は、教えてもらっていない人が多いんです。


ぶっちゃけいうと、

本当に売れている上司のもとで営業している部下の方は、このような状態になりません。


中西

だから、断られ続け、嫌われてしまうのは、

あなたのせいではないので、安心してくださいね。 



お客さんと人間関係構築をするために大切な「好印象のための6つのポイント」について、

こちらの記事で詳しく説明しています。

(『3-2.数えてみると「嫌な断り方、きつい対応」は意外と少ない』をご覧くださいませ)

飛び込み営業の6つのコツ 70%断られない営業で1億売れた営業ノウハウ

参考記事:飛び込み営業の6つのコツ 70%断られない営業で1億売れた営業ノウハウ



3.営業で一番最初にするのは「お客さんに自分を知ってもらうこと」

中西

じゃあ、この状況を解決するために

どうすれば良いか?なんですが、


僕個人的には、

まず「認知」をしてもらうことが大事だと思います。


この相談者さんの場合は、

お客さんに名前も呼んでもらえていないってことなので、

まず、自分のことを知ってもらう必要がありますよね^ ^

認知とは 自分を知ってもらうこと

【認知とは?】

認知とは、「お客さんに自分を知ってもらうこと」です。


具体的に、


「私はどんな人生を歩んできて、


どんな理想・希望を持っていて、

どんな不安・悩みを持っている。


こんな家族構成で、

こんなことが好きで、

こんな性格の

○○会社の○○です。」


ということまで知ってもらうことを言います。




こちらの記事でも、「認知とはどういうこと?」を、詳しく説明しています。

国内生保 県1位を生んだ 助け舟式 営業の7ステップ

参考記事:【徹底解説】営業のやり方が分からない?契約率70%売れる営業の7ステップ




3-1.お客さんに自分を知ってもらうために有効な「ハガキ」

中西

でも、


「お客さんに自分を知ってもらうために、

何をしたらいいかわからない」


っていう方も、多いんですよ。


田尻さんは、何してました?

田尻

私の場合は、

ハガキ「気にかけの言葉」を書いて渡していました。


【「気にかけの言葉」とは?】

気にかけの言葉とは、次のような言葉を言います。


・相手に心を配る言葉

・相手の心が温かくなるような言葉


相手の体調や状況に心を配った言葉をかけることで、人間関係構築がしやすくなります。




「気にかけの言葉」で、

お客さんから相談をもらえることが増えたとお話しされている、

生命保険・損害保険営業Aさんのインタビュー記事です。

営業塾 3ヶ月後 契約数1.5倍 Aさん

参考記事:営業の雑談が続かなかったけど契約16件&単価1.4倍になったAさんの雑談3つのコツ



中西

僕も、ハガキ、書いた方がいいと思うんですね。


3-1-2.ハガキでお客さんの反応が180度変わる

田尻

ハガキを書くと、お客さんの反応が180度変わって、

人間関係が作られていくことを、実感することができました。

ハガキ お客さんの反応

【ハガキを書くとどうなる?実際にあった成功事例】

・お客さんから相談の電話がかかってきた

・お客さんに忘れられなくなった

・お客さんに頼りにされるようになった

・お客さんが笑って話してくれるようになった



営業塾で学んでお給料が4倍になった生命保険営業のMさんも、

ハガキを書くようになってから、お客さんの反応が良くなったとお話しされていました。

営業塾 6ヶ月後 給料4倍 Mさん

参考記事:生命保険営業で給料4倍になった営業トーク&飛び込み営業4つのコツのMさん



営業に「売れる型」があるように、

ハガキにも、

「お客さんとの人間関係が構築しやすくなる型」があります。


次の章で、具体的に、

お客さんの反応が良くなったハガキ営業【3つの例文】を紹介します^ ^


4.お客さんとの人間関係が構築しやすくなるハガキ営業【3つの例文】

中西

ちなみに田尻さんは、

お客さんに会いに行く前に、

「担当が変わりました」っていうお知らせはしてた?

田尻

ほとんどしてなかったです。


「このお客さんたちは、あなたの担当だからね」

って、リストをもらった瞬間に、すぐ電話するんですよ。


その電話で、

「担当が変わりました」って、お伝えしてました。


田尻

で、「一度ご挨拶させてください。」って

アポイントをもらおうとするんですけど、


電話の時点で、お客さんから冷たくされることもありました。


それだけでもう、辛いですよね。

担当者変更 電話 クレーム


中西

いきなり電話したら嫌がられるってことだよね。


だったら電話の前に、


「担当が変わりましたよ」っていうハガキを、

送った方がいいんじゃないかな。


4-1.【例文1】担当者変更お知らせハガキ

中西

じゃあどんな文面がいいかって言うと、 

まずは、担当者変更お知らせハガキの全文をお伝えしますね^ ^


【例文1:担当者変更お知らせハガキ】


いつも大変お世話になっております。


私、 新しく担当させていただくことになりました、

〇〇町に住んでいる〇〇と申します。


「また担当が変わったのか?」というお声も頂いたのですが、


その方に勉強させて頂いたところ、

 「どうですか?どうですか?」っていうご提案も、

嫌だったっていうお声を頂き、


私は、〇〇町の担当として、

皆様のお役に立てればと思いますので、


私から、

「どうですか?どうですか?」と、

嫌がるようなことは致しませんので、ご安心下さい。


またお会い出来た時に

お顔を拝見出来れば、とは思っておりますが、


それよりも〇〇さん、

寒くなってまいりましたので、どうかご自愛くださいませ。


この文章のポイントは、3つあります。

順番に、説明しますね^ ^


4-1-1.ポイント1:相手が思っていることを先に伝える

【「相手が思っていること」を先に伝えている箇所】

「また担当が変わったのか?」という

お声も頂いたのですが


その方に勉強させて頂いたところ、

 「どうですか?どうですか?」っていうご提案も

嫌だったっていうお声を頂き…

中西

「また担当が変わったのか?」って、

よく言われてた?

田尻

よく言われてましたね。

中西

よく言われてたんだったら、そう書いていいです。

田尻

あえて書くんですか?

中西

あえて書くんです。


相手が思ってることを先に伝えると、

「こいつ、わかってるな」って、思ってもらえるからね。


4-1-2.ポイント2:お客さんへの約束

【「お客さんへの約束」を書いた箇所】

私は、〇〇町の担当として、

皆様のお役に立てればと思いますので、


私から、

「どうですか?どうですか?」と、

嫌がるようなことは致しませんので、ご安心下さい。

中西

この部分は、


「あなたの気持ちを無視して

私の方から一方的に、


『どうですか?どうですか?』って、

保険のおすすめをすることはありませんよ」


っていう、お客さんへの約束です。

田尻

実際、

「次から次に、新しい保険の話をされて、もううんざり」

っておっしゃるお客さんも、いらっしゃいました。


営業から「あなたが嫌がるようなことはしません」って言ってくれたら、お客さんは安心できますよね。


4-1-3.ポイント3:季節の気にかけの言葉

中西

で、最後に、一言なんかメッセージ送るといいよね。

田尻

最後は「気にかけの言葉」を書きたいですね。

中西

そうだね。

季節によって、相手の心があったかくなるような言葉をかけてあげるといいよね。


まぁ今だったら、寒いから、僕だったら、こんな感じで書くかな。


【季節の「気にかけの言葉」を書いた箇所】

またお会い出来た時に

お顔を拝見出来ればとは思っておりますが、


それよりも〇〇さん、

寒くなってまいりましたので、どうかご自愛くださいませ。


4-1-4.「担当変わりました。よろしくお願いします」と書かない担当者変更お知らせハガキ

中西

このハガキの文面って、

「担当変わりました。よろしくお願いします。」

って、書いてないんですよ。


「他のお客さん、みんなこう言ってたよ!

だから私、こうするよ」


って感じです。

中西

だって、実際、


「また担当変わったのか」

「次から次に、新しい保険の話をされて、もううんざり」


って、言われるんでしょ?


本当にそう言われるんだったら、

俺だったら、お客さんに言われたセリフ、そのまま書く! 

田尻

そのほうが、お客さんは、安心できますかね。

中西

安心できると思うよ。


中西

「こんなこと書いて、嫌われたらどうしよう」って、

心配する人もいるんだけど、


ぶっちゃけ、書く前に、もう嫌われてるから!(笑)

田尻

確かに、そうですよね。

中西

だったら、先に謝ったほうがいいよね。


「今まで一方的に

『どうですか?どうですか?』って押し売りしてすみません。


私はそんなことはしないので、安心してください」って。

中西

そんな感じで書いたら好印象になるんじゃないかなと、

僕個人的には思います。


【担当者変更お知らせハガキ 3つのポイント】

ハガキの文章
書き方のコツ・お客さんの反応

ポイント1:「相手が思っていること」を先に伝える


「また担当が変わったのか?」というお声も頂いたのですが


その方に勉強させて頂いたところ、

 「どうですか?どうですか?」っていうご提案も、嫌だったっていうお声を頂き…

相手が思っていることをあえて書くと、「こいつ、わかってるな」と思ってもらえます。


よく言われていたことを、相手のセリフそのまんま書きましょう。

ポイント2:お客さんへの約束


私は、〇〇町の担当として、

皆様のお役に立てればと思いますので、


私から、

「どうですか?どうですか?」と、

嫌がるようなことは致しませんので、ご安心下さい。

この部分は、


「あなたの気持ちを無視して

私の方から一方的に、


『どうですか?どうですか?』って、

保険のおすすめをすることはありませんよ」


という、お客さんへの約束です。


営業から「あなたが嫌がるようなことはしません」って言ってくれたら、お客さんは安心できますよね。

ポイント3:季節の気にかけの言葉


またお会い出来た時に

お顔を拝見出来ればとは思っておりますが、


それよりも〇〇さん、

寒くなってまいりましたので、どうかご自愛くださいませ。

文章の最後には、季節によって、相手の心があったかくなるような「気にかけの言葉」を書きましょう。


4-2.【例文2】訪問後のお礼状ハガキ

中西

で、お客さんに実際に会いに行って、

挨拶した後はどうする?

田尻

帰って、お礼状ですかね?

中西

そうそうそう、お礼状のハガキをかく。


お礼状にもコツがあって。


お客さんに会った瞬間に、

お客さんの周りのものとか、表情とか、見て、メモっとくんだよ。


メモ お客さんを見るポイント

【お客さんに会ったらメモを取ろう!お客さんを見るポイント】


①   お客さんの周りのモノ

・机の上に何があるか?

・家族の写真があるか?

・整理整頓されているか?

・書類がいっぱい溜まってないか?

・服が汚れてないか?


②   お客さんの表情や仕草

・どんな表情をしているか?

・目の下にクマはないか?

・よくやるクセはないか?

・どんな態度か?

・どんなしぐさをしているか?


中西

そしたら、

初対面でろくに喋ってなかったとしても、

相手の状況を想像して、気にかけの言葉、かけられるんだよ。


例えば、

職域のお客さんで、机がすっごい散らかってたり、服が汚れてたりしたら、

こんな状況を想像できますよね。


【お客さんの机が散らかっていたり、服が汚れていたら、想像できるお客さんの状況】

  • 「片付ける余裕もないのかな」
  • 「片付けるのがめんどくさいのかな」
  • 「一生懸命仕事やってるんだな」


中西

もしお客さんがこんな状況だとしたら、


「お仕事頑張ってるんですね」


とか、

相手が言って欲しい言葉、かけてあげられるじゃん。

田尻

事務的に

「ありがとうございました。これからもよろしくお願いします」

だけじゃなくて、


自分の状況を気にかけてくれる言葉が書いてあったら、

お客さんも嬉しいですよね。


お礼状はハガキに、次のような文章を書いて送りましょう。


【例文2:訪問後のお礼状ハガキ】


本日はお忙しい中、

貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。


○○さんとお話しさせていただいて、

いつもお仕事頑張られているんだなと感じました。


私はお仕事をお手伝いすることや、

○○さんをラクにするようなことはできませんが、


私でよければ、いつでも話は、聞かせていただきます。


当然、「保険どうですか?」とか、そういうお話ではなく、


一度、お手隙の時に、

又、笑ってやっていただければと思います。


本日は、お顔を見て、

冷たい態度をとることができたにも関わらず、


また、他の保険屋さんや、

今までの保険屋さんのイメージもあったと思いますが、


それでも私にご丁寧な対応してくださって、

本当にありがとうございます。


季節の変わり目ですので、どうかご自愛くださいませ。


4-3.【例文3】止まらない「季節の気にかけハガキ」

中西

で、3つめのハガキだけど、

普通、ここで止まるじゃん?

田尻

う〜ん、そうですね…

中西

それが、止まらない!!(笑)

中西

田尻さんも書いてたでしょ?


例えば2月だったら、どんなハガキ書いてた?

田尻

寒波が来た時期だったんで、


「寒波大丈夫ですか?」


ってハガキに書いて、送りました。

中西

「寒・波・大・丈・夫・で・す・か・?」


8文字だったよね!


8文字だけ書いて送る!

田尻

はい(笑)


中西

で、次、4月は?

田尻

4月は、


お子さんがいらっしゃるお客さんだったら、

ご入学とかで忙しいと思うんで、その気にかけを書いて送りました。

中西

そうだね。


「ご家族でお花見をして、

一度、ゆっくり羽を伸ばしてください」


とかも、いいよね。


中西

こういう文章を、


ばんっ!!ってハガキ一面にでっかく書いて、送ってたよね!


大きなお世話だ!って感じだけどね(笑)


中西

で、7月には?

田尻

7月は、


「猛暑大丈夫ですか?」


でした。

中西

そうだね。

これも8文字だけじゃん!(笑)


他には、


「熱中症大丈夫ですか?気をつけてくださいね」


とかね。


俺だったら、まず、こういうことする!


【例文3:止まらない「季節の気にかけハガキ」】

季節に応じて、ハガキに気にかけの言葉を書いて送りましょう。

コツは、ハガキ一面に、気にかけの言葉だけを大きく書くことです^ ^


↓↓季節の気にかけのハガキ 例文↓↓

2月
「寒波大丈夫ですか?」
4月

「○○さんのお子さんにも、良き出会いがたくさんありますように」

「ご家族でお花見をして、一度、ゆっくり羽を伸ばしてください」

7月

「猛暑大丈夫ですか?」

「熱中症大丈夫ですか?気をつけてくださいね」


5.気にかけハガキを送り続けると、怒っていたお客さんも笑ってくれる

中西

気にかけハガキを送り続けたら、どうだった?

田尻

営業が、めっちゃラクになりました!


田尻

めっちゃラクですし、

びっくりしたのが、


過去に押し売りしすぎて

すっごい怒られたお客さんがいたんですけど、


この例文のような気にかけハガキを送ったら、


ハガキの写真を撮って、


「何これ?ありがとね!」って連絡くださったんですよ。


中西

怒ってたのに?

田尻

怒ってたのにですよ。(笑)


ハガキを知る前は、

もう押し売りしまくってたんで。

そりゃ怒られますよね。


押し売りのことは、もちろん先に謝罪させていただいてましたが、


気にかけハガキを送らせていただいたら、

「何これ?ありがとね!」って笑ってくださったんです。


この時は、ほんとに嬉しかったなあ。

営業 ハガキ 例文5


中西

多分お客さん、最初は、


「あ〜、また始まった!」

「また売り込まれるんだろうな!」


って思ってたんだろうね。


でも田尻さんの気にかけハガキを見て、


「きっとこの子、悪い子じゃないな」


って、許してくれ始めた感じだよね。


中西

「この子、頑張ってるし、


本当に約束守って、

いきなり売り込みして無駄な時間取らせたりしないし、


嫌なこと俺にしないし、

いつも気遣い・気にかけてくれるし、


悪い子じゃないかな


って、こんな感じになったんだよね。

田尻

そうですね。


【ハガキをもらったお客さんの反応】

ハガキ お客さんの反応2


5-1.ハガキで人間関係構築ができ、お客さんから相談をもらえるようになる

中西

そこまで行ったら、どうなった?

田尻

私から一切アプローチしてないのに、


「○○生命が、こんな提案書持ってきたけど、どう思う?」


とか、


「△△生命が、これがいい、これがいいって言うんだけど、

俺よくわかんないんだよね。どう思う?」


って、

お客さんが困った時に、相談をくれるようになりました。


アプローチなしでお客さんから相談


中西

それ、何人から言われた?

田尻

営業塾に入塾して1ヶ月の間に、

職域で3人くらいから、相談をもらってました。

中西

それまでは、お客さんと鬼ごっこしてたんだったよね?(笑)


断られても、断られても、提案書持ってって。

田尻

ですね。

もう、鬼ごっこ状態でしたね。(笑)

中西

それが、ハガキ送ったら3件も相談もらえたの?!

すごいよね!


5-1-2.紹介が増え精神的にラクな「断られないハガキ営業」

中西

『担当者変更お知らせハガキ』から始まって、

『訪問後のお礼状ハガキ』、

『気にかけハガキ』って送って、


ここまで正味2ヶ月もかかんないじゃん。

中西

2ヶ月間、


「どうですか?どうですか?」って

初対面のお客さんにいきなり提案書出して、

断られ続けて、辛い思いするよりも、


ちょっとやり方を変えて、

ハガキを送った方がいいと思うんだけど、


田尻さんの気持ちの面では、どうだった?

田尻

精神的に、めっちゃラクになったんですよ。


中西

だってお客さんから相談もらえるもんね。

田尻

はい。


お客さんと鬼ごっこ状態で、断られ続けて辛かったのに、


ハガキを送ったことで、


精神的にラクになったのが、一番ありがたかったですかね。


営業 ハガキ 例文6


中西

そしたらどんどん、相談してくれる人が増えていくよね。


そうなったら田尻さん、紹介も増えたんだよね?

毎月5件紹介貰えたんでしょ。

田尻

そうですね。


自分から「どうですか?どうですか?」って

やらなくても相談や紹介をもらえるようになって、


ほんとにラクになりました。


ハガキ 送る前後 お客さんとの関係

ハガキを送る前のお客さんとの関係
ハガキを送った後のお客さんとの関係
・断られても断られても、提案書を持っていく
・お客さんと鬼ごっこをしているような状態
・精神的に辛い
・営業から一切アプローチをしなくても
お客さんの方から相談をくれる。
・1ヶ月で職域からの相談3件、紹介5件
・精神的にラク


5-1-3.初対面のお客さんにはハガキからスタート

中西

ということで、


今、「追加や見直しの契約がもらえない」って悩んでる人は、


初対面のお客さんにいきなり提案書をすんじゃなくて、


例文のようなハガキを送って、

自分を知ってもらうことから、始めたら良いと思います。


たとえ既契約者さんであっても、

相手が、

「きっとこの子、悪い子じゃないな」

って思ってくれてる状態じゃないと、契約にはなりにくいものです。


ゆっくりコーヒーでも飲みながら、今回紹介した3つの例文ハガキを、書いてみてくださいませ^ ^


6.まとめ

ここまでお読みいただき、ありがとうございます!


今回お伝えした、

冷たいお客さんが優しくなったハガキ営業【3つの例文】のポイントを、

まとめてお伝えします^ ^


6-1.営業では人間関係ができていない相手に提案すること自体が間違い

大前提として、

「人間関係が出来ていない相手に、営業都合の提案をする時点で間違っている」

ということがあります。



お客さんに名前も呼んでもらえていない状態で提案しても、

断られるのは当然です。


まずは、「お客さんに自分を知ってもらうこと」を目標にしましょう。


6-2.お客さんに自分を知ってもらうために有効な「ハガキ」

営業でハガキを書くと、お客さんの反応が180度変わり、人間関係が作られていくことを実感できます。

営業塾でも、たくさんの成功事例をお聞きしています。

ハガキ お客さんの反応

【ハガキを書くとどうなる?実際にあった成功事例】

・お客さんから相談の電話がかかってきた

・お客さんに忘れられなくなった

・お客さんに頼りにされるようになった

・お客さんが笑って話してくれるようになった


6-2-1.【例文1】担当者変更お知らせハガキ

新しく担当になったお客さんにいきなり電話をすると、嫌がられてしまいます。

そこで、電話の前に、次の例文のような「担当者変更お知らせハガキ」を送るのがおすすめです。


【例文1:担当者変更お知らせハガキ】


いつも大変お世話になっております。


私、 新しく担当させていただくことになりました、

〇〇町に住んでいる〇〇と申します。


「また担当が変わったのか?」というお声も頂いたのですが、


その方に勉強させて頂いたところ、

 「どうですか?どうですか?」っていうご提案も、

嫌だったっていうお声を頂き、


私は、〇〇町の担当として、

皆様のお役に立てればと思いますので、


私から、

「どうですか?どうですか?」と、

嫌がるようなことは致しませんので、ご安心下さい。


またお会い出来た時に

お顔を拝見出来れば、とは思っておりますが、


それよりも〇〇さん、

寒くなってまいりましたので、どうかご自愛くださいませ。


この文章のポイントは、3つあります。


【担当者変更お知らせハガキ 3つのポイント】


ハガキの文章
書き方のコツ・お客さんの反応

ポイント1:「相手が思っていること」を先に伝える


「また担当が変わったのか?」というお声も頂いたのですが


その方に勉強させて頂いたところ、

 「どうですか?どうですか?」っていうご提案も、嫌だったっていうお声を頂き…

相手が思っていることをあえて書くと、「こいつ、わかってるな」と思ってもらえます。


よく言われていたことを、相手のセリフそのまんま書きましょう。

ポイント2:お客さんへの約束


私は、〇〇町の担当として、

皆様のお役に立てればと思いますので、


私から、

「どうですか?どうですか?」と、

嫌がるようなことは致しませんので、ご安心下さい。

この部分は、


「あなたの気持ちを無視して

私の方から一方的に、


『どうですか?どうですか?』って、

保険のおすすめをすることはありませんよ」


という、お客さんへの約束です。


営業から「あなたが嫌がるようなことはしません」って言ってくれたら、お客さんは安心できますよね。

ポイント3:季節の気にかけの言葉


またお会い出来た時に

お顔を拝見出来ればとは思っておりますが、


それよりも〇〇さん、

寒くなってまいりましたので、どうかご自愛くださいませ。

文章の最後には、季節によって、相手の心があったかくなるような「気にかけの言葉」を書きましょう。


6-2-2.【例文2】訪問後のお礼状ハガキ

挨拶訪問した後に送る、お礼状のハガキの文章です。

【例文2:訪問後のお礼状ハガキ】


本日はお忙しい中、

貴重なお時間をいただき、ありがとうございました。


○○さんとお話しさせていただいて、

いつもお仕事頑張られているんだなと感じました。


私はお仕事をお手伝いすることや、

○○さんをラクにするようなことはできませんが、


私でよければ、いつでも話は、聞かせていただきます。


当然、「保険どうですか?」とか、そういうお話ではなく、


一度、お手隙の時に、

又、笑ってやっていただければと思います。


本日は、お顔を見て、

冷たい態度をとることができたにも関わらず、


また、他の保険屋さんや、

今までの保険屋さんのイメージもあったと思いますが、


それでも私にご丁寧な対応してくださって、

本当にありがとうございます。


季節の変わり目ですので、どうかご自愛くださいませ。


コツは、相手の状況を想像して、気にかけの言葉を書くことです。


そのために、お客さんにあった時には、次の点に注意して、お客さんをよく見てメモを取りましょう。


メモ お客さんを見るポイント

【お客さんに会ったらメモを取ろう!お客さんを見るポイント】


①   お客さんの周りのモノ

・机の上に何があるか?

・家族の写真があるか?

・整理整頓されているか?

・書類がいっぱい溜まってないか?

・服が汚れてないか?


②   お客さんの表情や仕草

・どんな表情をしているか?

・目の下にクマはないか?

・よくやるクセはないか?

・どんな態度か?

・どんなしぐさをしているか?


6-2-3.【例文3】止まらない「季節の気にかけハガキ」

季節に応じて、例文のような文章を、

ばんっ!!っとハガキ一面にでっかく書いて、送ります。


【例文3:止まらない「季節の気にかけハガキ」】

季節に応じて、ハガキに気にかけの言葉を書いて送りましょう。

コツは、ハガキ一面に、気にかけの言葉だけを大きく書くことです^ ^


↓↓季節の気にかけのハガキ 例文↓↓

2月
「寒波大丈夫ですか?」
4月

「○○さんのお子さんにも、良き出会いがたくさんありますように」

「ご家族でお花見をして、一度、ゆっくり羽を伸ばしてください」

7月

「猛暑大丈夫ですか?」

「熱中症大丈夫ですか?気をつけてくださいね」


【ハガキをもらったお客さんの反応】

ハガキ お客さんの反応2


6-3.ハガキで人間関係構築ができ、相談・紹介をもらえるようになる

ハガキを送り続けると、お客さんと人間関係構築ができ、相談・紹介が増えます。


ハガキ 送る前後 お客さんとの関係

ハガキを送る前のお客さんとの関係
ハガキを送った後のお客さんとの関係
・断られても断られても、提案書を持っていく
・お客さんと鬼ごっこをしているような状態
・精神的に辛い
・営業から一切アプローチをしなくても
お客さんの方から相談をくれる。
・1ヶ月で職域からの相談3件、紹介5件
・精神的にラク


7.さいごに

これらの、

冷たいお客さんが優しくなったハガキ営業【3つの例文】の中から、

1つでも、実践してみてくださいね^ ^


遠くから、この記事をご覧くださっているあなたを全力で応援しています。

一緒に頑張りましょう!


【無料の特別付録】

冷たいお客さんが優しくなったハガキ営業【3つの成功例】


今回の記事をサクッと

要点だけ読みたい方へ


◼あなたの現状を変えるために

今すぐ使える


冷たいお客さんが優しくなった

ハガキ営業【3つの成功例】



を今回の記事の中から

まとめました。


これを手に取るあなたが、

今日も笑って過ごせますように^ ^


水色のダウンロードボタンから

どうぞ!!


営業ダウンロードボタン




田尻愛

田尻愛

福岡県出身。元日本社の生命保険営業。無理な売り込み営業を2年続けた結果、営業先で倒れ、お客さんに助けて頂くという大失態を犯した過去あり。 助け舟の営業塾で無理のない営業を学び毎月紹介を5件以上頂けるようになる。 無理に営業しお客さんに嫌がられ断られていたが、 教わった通りに営業するとお客さんの反応が180度変わった助け舟の営業方法に魅力を感じ、助け舟株式会社に入社。 現在は、営業ノウハウ、研修の内容をお伝えする記事を書いている

「営業トーク」
オススメ人気記事

「営業 雑談」
オススメ人気記事

「アポイント」
オススメ人気記事

「生命保険営業」
オススメ人気記事

「リフォーム営業」
オススメ人気記事




営業トーク、飛び込み営業の営業塾助け舟のYOUTUBEチャンネル.jpg

【LINE 限定動画】
プレゼント中 ☟

↑(画像クリックでご覧になれます)  

LINEから「営業のコツ」を

週1回 無料で受講する


↑ (画像クリックでご覧になれます)  

【7つのSTEP】オンライン営業術



↑(画像クリックでご覧になれます)  

メルマガ限定ノウハウを読む


営業トーク、飛び込み営業の営業塾助け舟のYOUTUBEチャンネル.jpg

↑ (画像クリックでご覧になれます)  

【営業動画】公式チャンネル


【LINE 限定動画】
プレゼント中 ☟

↑(画像クリックでご覧になれます)

LINEから無料「営業のコツ」を週1回受講する


↑(画像クリックでご覧になれます)  

お悩み「一問一答」一覧


人気記事ランキング

タグ一覧


新着記事

相談者様のお声&結果


↑(画像クリックでご覧になれます)  

LINEから無料「営業のコツ」を週1回受講する


営業塾助け舟

↑(画像クリックでご覧になれます)  

お悩み「一問一答」一覧

https://tskb.co.jp/question&answer


LINE から、無料で
週に1~2個
「営業のコツ」を受講する

  ☟

QRコードでLINEの友だちを追加


↑(画像クリックでご覧になれます)  

メルマガ限定ノウハウを読む