catch-img

飛び込み営業でインターホン突破70%「1週間で契約3件」生命保険営業のコツ

こんにちは!

このページをご覧頂きありがとうございます。

せっかくのご縁ですし「この記事を読んで良かった」と喜んで頂けるよう


下の動画をご覧いただいた後に記事も読んでみてくださいませ。


この動画は、生命保険営業の契約に繋がったテレアポのトーク【成功例】です。


こんにちは。

最近、東京で電車に乗る度に「この電車で合っとる・・・?」と不安になる('_')

福岡出身助け舟株式会社の田尻です。(^^)


今回は、オンライン営業塾で学んだのち、

飛び込み営業のインターホン突破率が30%から70%まで上がった、生命保険営業のKさん。


営業塾で学んだ飛び込み営業のコツ

実践して変わったことなど、Kさんへのインタビューを共有させていただきます。


↓今回のインタビュー動画です(^^)



今回、Kさんに受けて頂いた

オンライン営業塾

こちらです(^^)



↑画像クリックでご覧になれます。 

「上司からは、『とにかく1日100件インターホン押してこい!』

って言われるけど、


お客さんが、出てきてくれないんだよね


飛び込み営業で数打てば当たるのは、

なんとなく分かるんだけど、


そんなことしてたら、メンタルが持たない。


こんな状態で、契約なんて辛いよ・・・

私は、以前勤めていた会社で毎日飛び込み営業をしながら、こんなことを考えていました。

考え出すと、もう、辛いです。

足が動きません。


お客さんがインターホンから、出てきてくれないのに


「契約とってこい!」って言われても辛いだけだ…。


と自分に言い訳ばかりしていました。


今回の記事では、生命保険営業の飛び込み営業で

「インターホンの突破率が低くて辛い」と悩んでいたKさんが、

どのような営業トークで、その辛い状況を抜け出したのか?


飛び込み営業のアプローチ、3つのコツを共有させて頂きます。


1. 営業塾へ入る前、飛び込み営業の何に辛いと感じ、悩んでいましたか?


Kさんは、そもそも、営業塾へ入る前、

最初は何が知りたかったんです?


一番最初は飛び込み営業の方法を

知りたくて、身につけたいと思っていました。


最初は、すぐ結果出ましたよね。


そうですね。

すぐに当たりがあって、すぐ契約に繋がる

っていう状態でした。


最初インターホンを突破できなくて

どうしようかって、悩んでたんですよね?


飛び込み営業が辛いと、おっしゃっていましたよね。


そうです。

飛び込み営業が辛いと感じていました。


最初に中西さんと、電話でやり取りをした時に言われました。


「最初は、一回Kさん自身の思うやり方で

飛び込み営業をやってみてください。


それで、何日間かやってみて、その後に私が、

私なりの、飛び込み営業をお教えします。

その方法でやってみてください」


って言うので、そのままやってみたんです。


結果は、中西さんに教えてもらう前は、

インターホンで出てくるのが30%ぐらいだったんです。


ですが、飛び込み営業の方法を教えていただいてから


インターホンで出てくる方が

70%~80%ぐらいになりました。


それ、

十分じゃないですか。(笑)


そうですね。(笑)


教えていただいて、飛び込み営業を始めてすぐに結果が出ました。


それで3つ契約をもらって、

契約金額で言うと30万円近い、契約金額は貰えました。


飛び込み営業をし出してすぐに、

もっと早くに、

もっと早くに、これができていれば、


また、飛び込み営業の結果も違ったんだろうなって思います。

「タラ、レバ」の話に、なってしまうんですけども・・・。


いやいや、十分ですよ。


だって、Kさんステップアップできているじゃないですか。

大丈夫ですよ。


実は、自分の中では、そういう感覚でもいるので

僕もかなり良い感じだと思うんです。


それで、一時期巻き込まれて

色々あって、辛い時期を乗り越えてこられましたよね。


やっぱり、声も違うじゃないですか。


そうですね。

前は辛いと感じてましたもん。

だから良かったですよ。

あはははは。


どうでした?

営業塾で学んでみて、良かったです?


もちろん、もちろん良かったです。

良かったですよ。


あと、お客さんと

話をしやすくなったりしました?


そうですね。

気負わずに、話ができるという感じですかね。


1-1. お客さんが笑顔で話してくれたら、理想・希望&不安・悩みを聞いてみる

今、お伝えするとしたら結構、僕の周りとか

僕も色々今やってるんですけど


飛び込み営業で

ある程度、話をしてくれる人って「頑張って」とか言ってくれるじゃないですか。


相手が笑顔で、喋ってくれるようになってからの話なんですけど。

Kさんも、すぐそこまで行くでしょう。

今なら。


はい。飛び込み営業で2回、3回会いに行っていれば

ある程度、話はできるんじゃないかなと思いますね。


ですよね。

飛び込み営業で話できるようになって

僕らが聞いて、結構いい感じなのは


「うちの商品や、今何するとか、今どうこう・・

そういうのじゃなくて、

これがこうだったら良いなと、思う事ってありますか?」


って、お客さんに聞いてみるんですよ。


これで、みんな教えてくれるんですよ。

これを言えば、不思議なことに教えてくれます。


1-1-1. お客さんの理想・希望・不安・悩みを聴き成約になった相談者さんの事例

この前、ある相談者さんに

「飛び込み営業で、立て続けに2件契約もらえました」って報告を貰ったんです。


それで、僕も「ええっ!」ってなって(笑)

「どうやったんですか?」と逆に聞いたんです。


そうしたら、ある程度気にかけをした後

相手への思いやりとか、人と人とのやり取りをした後に

それを聞いたらしいんです。


そうしたら「欲しいものを」相手が教えてくれるんですよ。

これがポイントですよね。

「相手が欲しいもの」を教えてくれるんだから。


飛び込み営業に慣れていない場合は、

そこで焦らずに、持ち帰ればいいですよね。


それで、ふと立ち寄った時に


「そういえば奥さん。

前に、こういったことをおっしゃってましたよね?」


って、資料の一つでも渡したら

「すごく気が利く人だな」って思われますよね。


結構、これで飛び込み営業の皆は上がってますよね。


たったこれだけで、生命保険営業だけじゃなくて

リフォーム営業でもこれ通じてます。


僕は元々、飛び込み営業でのアポイントは

これでほぼやってたんです、実は。


ブログとかには書いてないですけど。

実は、たったこれだけなんですよ。


飛び込み営業で、人間関係を作らせてもらって

全員は難しいですけど、仲良くさせて頂いて。


その後、皆ほとんどの人が売り込んじゃうでしょ?


「うちの商品が」とか、「こんなにいいんですよ」とか

「新商品が・・・」とか


じゃなくて、その一個前に、

「あなたの理想って何?」って聞くんですよ。

そうしたら、教えてくれるから。


「それだったら、力になれるよ」

っていうスタンスで伝えるんですよ。


皆、「そうしたら、飛び込み営業でも選んでもらえました」って。


「飛び込み営業って、難しくないんだね」って。


怒られそうですけど、そんな感じでした。

Kさんも、また飛び込み営業で挑戦してみてください(^ ^)


やってみます。


2.営業塾の営業研修で飛び込み営業を学んだあと、正直どうでしたか?

ということで、営業塾で

飛び込み営業を学んでみて


振り返ってみてどうでした?


振り返って、良かったです、

良かったです。


まあ、営業塾の研修が終わったから、

「じゃあ、さよなら」っていうのも僕なんか寂しいので。


ここで、普通は「今ならなんと!月々〇〇円で・・・」

って出てると思うんですけど、

僕やらないので、面倒くさいので。

いいでしょう。(笑)


お願いがあるとすれば、

またいつか僕が、飛び込み営業が辛いって

悩んでいる人と沢山知り合っていった時に


泣いてる人がいたり、もし誰かが困っていた時に


「それだったら、Kさんという人がいるから・・」

って言ってもいいですか?


それは、もちろん!

中西さんの役に、私が立てるのであれば…。


いやいやいやいや・・・。

ありがとうございます。

なので、いつでも連絡ください。


ありがとうございます。


本当ですよ。僕、寂しいので。

わかりました(笑)


保険営業してたら、全員の方じゃないですけど、

ぶっちゃけた話、みんな結構追い込まれて

辛い状況になっている方も、多いじゃないですか?


そうですね。


気持ちも分かりますし、そういう時に

仲良く…「おお、元気か?」くらい

言える保険営業仲間がいても良いと思うんですよ


そうですね。

僕も、1飛び込み営業マンとしてやっているわけで。

やっぱり、「他の保険営業の方は、どうやってやってるんだろう?」

って思いますし。


ですよね。

やっぱり、僕は周りの営業マンに聞きまくるので、

そういうのを、「みんなで共有できたらいいな」って思うんですよ。


そういうのをやってたら、凄い面白そうじゃないですか?

ただ、面白そうっていう…。

ははは(笑)


2-1. 個人営業で結果が出た今、次は法人営業に挑戦する

それにしても、良かったです。

すぐに結果が出たので。


ということは、次は、法人保険の飛び込み営業に行きますよね?


そうですね。

「そういう方向(次は法人営業)で動いてほしい」

という風にうちの代理店の社長に言われてます。


法人営業だったら、受付の人を大事にしてあげてください(^ ^)

また、何かあったら寂しいので、

すぐにご連絡くださいね。


3. 法人営業に挑戦する方に知って欲しい、法人営業のコツ

実際、具体的にどういう

法人さんに飛び込み営業されるのか?というのが

分からないんですけども。


僕は、リフォームの人達、大好きなんですよ。

まあ、もともと僕自身がリフォーム営業出身だからっていうのもあるんですけど。


結構リフォームとか建築系、工務店経営の社長さんって

あったかいと言いますか…親分肌な人が多いんですね。

良い人が多いですよ。


僕はそういうイメージですね。


全く答えになってないですよね。

あはははは(笑)


3-1. 飛び込み営業で、社長さんのお役に立つためには?

「どうアプローチするのか?」

「その人たちが何に悩み、何を知りたいか?」


こんなことですよね、たぶん。


リフォーム系だったら、離職率と、売上と、営業手法トークだと思うんですよ

だったらもう、Kさんノウハウを

渡してあげたら良いんじゃないですか?


良いんじゃないですか?

僕は、やっぱり営業トークをよく一緒に考えてあげますよね。


今日も、建設系の会社の社長さんに

「テレアポって、どうしたらいいんですか?」

っていきなり聞かれて・・・。


「今、聞きます?」って感じだったんですけど(笑)


テレアポ部隊もいれば、チラシでやる人もいるし、

ネットからチラシに繋げるところもあるので

逆に教えてあげたらいいですよ。


3-1-1. 法人営業で会社さんのお役に立てることを知る方法とは?

リフォーム屋さんに対してだと、

例えば、どんな方法でお役にたてるんでしょうか?


インタビューしたら良いんじゃないですか?

インタビュー。


今、代表さんするって、ガンガンやるっていうことは、

たぶん、何かが強いはずなんですよ。


じゃあ、そこの成功事例であったり

こだわりであったり、想いであったり、何かがあるはず。


何かを持ってるんです。

みんな大事なものを持っているんですよ。


例えば、Kさんが保険という商品で飛び込み営業をして、

今後、リフォーム会社の人たちの力になりたいと思った場合


リフォームの人達はどうやったら

上手くいったかを知らないとダメじゃないですか?


もし、本気で力になりたいならね。


だったら、どうやってリフォーム業で上手くいったのです?と

インタビューとして聞けばよいです。


「ちょっとお聞きさせて頂きたいんですけど、社長。


ここまで会社を大きくされてるんですけど、

そのコツって何だったんです?


実は、私はリフォームの会社の

人たちの力になれるような、人間になりたいと思っていまして…。


社長、嫌じゃなかったら教えてもらえないですか?」


って言った飛び込み営業マンがいるんですよ。実際に。


そうしたら、その社長さんと飲みに行ってました。


そこで仲良くなって、保険どうこうじゃなくて

教えてもらったら良いと思うんですよ。


教えてくれないから、普通。


別にネットにも出てないですし、そんなリアルな内容なんて

本人に本気で聞いたら良いと思います。


僕も昔、飛び込み営業マン時代に

いっぱい聞かせて、もらってたんです。


面白いですよ、面白いです。


その人のこだわりとか、法人の社長さんって

何かをこだわっているので、やっぱり面白いですよ


なるほど。


それから、「保険売るんだ」じゃなくて、


「その人の力になるためには、何ができるんだろう?」


「〇〇さん、『これがこうだったらいいなぁ』とかありません?」


「うちで、どうこうって訳じゃないんですけどね」


って言ったら、結構みんな教えてくれるんですよ。


へぇ~。なるほど。


出来ないことは出来ないので、

「じゃあ、できる人を紹介します」って言えばいいです。


「うち、ネットもやった方がいいのかなぁ、中西君?」

って社長さんに相談されたとして、


「いや、わかんないですよ。僕に聞かれても(笑)

分かる人いるんで、紹介しますね」


みたいな事とか実際にあるんです。


やっぱり、そういう相談じゃないですけど

アドバイザーのような存在っていうスタンスはどうですか?

結構楽しいですよ。


それそうですね。

社長さんとか、「面白い飛び込み営業マンが来たな」と思って

印象にも残りますよね。


そうですね(^ ^)


法人の飛び込み営業では、受付の人は大事にして頂いて、

『自分はこういうことをやっているものです』と

ちゃんと名乗って、


相手の時間を潰さないように

行動して、気にかけしながらインタビューです。


結構みんな教えてくれますよ。

面白いです、やっぱり。

印象的な人は、いっぱいいるんですけど

一社紹介しますね。


3-2. 中西が営業マン時代に法人の飛び込み営業をしていて出会った、あるリフォーム屋さん

ある会社で、そこは建設業界に

後から新規参入して、「今からやったって、そんなに大きくならないよ」

って言われるような会社さんがあったんです。


そんな事を言われていたけれども、

新規参入して、その県でもう業界トップになってしまいました。


その方の話は、めちゃくちゃ面白かったんです。


へぇ~・・。


やっぱり、すごいですよね。


一般的な建設系・リフォーム業界の仕事っていうのは

朝8時からじゃないですか。


その会社さんは、仕事開始が朝5時なんですよ。


5時って、もうなんか違うんですよ。

社員の人も、何なんですかね。


「この社長がやるんだから・・・」

っていうスタンスで凄いんですよ。


「社長が5時なんだから、自分達も5時だろう」っていう…。


なんかもう、社員さんも強くて、それで業界トップになった人たちとか。

すごく、ざっくばらんですけど。


3-2-1. 尊敬するリフォーム会社社長の心に残った一言

僕が尊敬するその社長さんに、

改めて教えてもらった話なんですけど。


この前、

「何にこだわりを持って、会社されてるんです?」

って聞いたんです。

そうしたら、こう答えられたんです


リフォーム会社の社長さん


「中西君、子供いるでしょ?

その子供と、家族と一緒だと思ってやらないと、社員は伸びないよね」

って言うんです。

その、リフォーム屋さんでめちゃくちゃ、売れてるんですよ。


だから、そういう人だから本当にそうするんです。

社員さんと家族みたいに接するんです。

やっぱり、社員さんも

「この社長が言うから、もうしょうがない」みたいな。


やっぱり、見ていて、そういうところは強いですよね。


インタビューの答えに全くなってないですね。(笑)

僕のただの感想でしたね。

あはははは。すみません。


4.1人で「飛び込み営業が辛い」と悩んでいる保険営業の方へのメッセージ

最後に、飛び込み営業が辛いと悩んでいる保険営業の方に

何か元気付けるとしたら…。


例えば「なんか調子悪いんです」

っていう人が、いるとするじゃないですか。


Kさんだったら、なんて元気付けてあげます?


「僕も、営業が辛いと悩んでいた時に

教えてもらって身につけた方法があるんだけど、


その人のブログ、ちょっと読んでみたら?」

って言います。


「それ、宣伝じゃないですか(笑)」


4-1. 身近に営業で悩んでいる方がいたら、Kさんが教えてあげて下さい

それ、もうKさんが教えてあげたらいいですよ。


「こうやって、こうやってやるんだよ」って。


そうやってやっとけば良いんですよ。

無くなるもんでもないですし 。


何かあったら、すぐ連絡くださいね。


ありがとうございます。

ちょっと疑問点とか

「どういったアプローチをしたらいいんだろう」

というところで、また中西さんに聞けるかな?と思います。


大丈夫ですよ。


なので、Kさん、いつでも連絡くださいね。

ありがとうございます。


4-1-1. 1人で悩んで辛いなら、誰かに教えてもらうのも1つの方法

多分、一人で悩んだら、しんどいでしょ。

誰だってそうですよね。


しんどかったですね…。

本当に(苦笑い)


飛び込みし出してすぐに、もっと早くに聞いていれば

また、結果も違ったんだろうなって・・・。


結果的には、良かったんですけれども。


それ、もっと早く聞いてくださいよ(笑)


そうですよね(笑)


これでは、Kさん。


次の新しいステップアップした先の

フィールドで頑張ってください!


​​​​​​​

はい、ありがとうございます!


5. まとめ  法人保険営業に挑戦するKさんへ、法人保険営業のアプローチのコツ

ここまで、読んでいただきありがとうございます。


「個人保険営業」で成果をあげられたKさんが、

次のステップとして挑戦されるのが、「法人保険営業」だそうです。


今回のKさんへのインタビューの中で

中西がお伝えした、法人営業のコツをこちらにまとめます。


5-1. 法人保険営業でのアプローチ3つのコツ

法人保険営業でのアプローチ3つのコツ



1.受付の方を大事にさせて頂くこと


ーーーーーーーーーーーーーーー


2.社長さんにインタビューをして、社長さんのこだわりを聞かせて頂くこと


【現場でのトーク】


「ちょっとお聞きさせて頂きたいんですけど、社長。


ここまで会社を大きくされてるんですけど、

そのコツって何だったんです?


実は、私はリフォームの会社の

人たちの力になれるような人間になりたいと思っていまして…。


社長、嫌じゃなかったら勉強させて頂けないでしょうか?」


ーーーーーーーーーーーーーーー



3.「保険売るんだ」ではなく

  「何か役に立てないかな?」という

   スタンスを持つこと


【現場でのトーク】


「〇〇さん、

『これがこうだったらいいなぁ』とかありません?」


「うちでどうこうって、訳じゃないんですけどね」



今回の、生命保険営業をされているKさんへのインタビューでは、

法人営業に挑戦する時に大事な、アプローチの3つのコツを共有させて頂きました。


会社の社長さんにとってのアドバイザーのスタンスで

お客さんの役に立てる営業マンになれるよう

一緒に頑張りましょう(^^)


5-1-1. さいごに

今回、Kさんに受けて頂いた

オンライン営業塾

こちらです(^^)



↑画像クリックでご覧になれます。 


↓今回のインタビュー動画です(^^)







https://youtu.be/RCovEmPXHt8


生命保険営業のテレアポのトーク添削動画です。

お客さんへの気に掛けを忘れずに、

相手の喋りたい話を聞いてあげて下さいませ。


あなたが、営業って楽しいと笑えますように(^^)


田尻愛

田尻愛

福岡県出身。元日本社の生命保険営業。無理な売り込み営業を2年続けた結果、営業先で倒れ、お客さんに助けて頂くという大失態を犯した過去あり。 助け舟の営業塾で無理のない営業を学び毎月紹介を5件以上頂けるようになる。 無理に営業しお客さんに嫌がられ断られていたが、 教わった通りに営業するとお客さんの反応が180度変わった助け舟の営業方法に魅力を感じ、助け舟株式会社に入社。 現在は、営業ノウハウ、研修の内容をお伝えする記事を書いている

「営業トーク」
オススメ人気記事

「営業 雑談」
オススメ人気記事

「アポイント」
オススメ人気記事

「生命保険営業」
オススメ人気記事

「リフォーム営業」
オススメ人気記事




営業トーク、飛び込み営業の営業塾助け舟のYOUTUBEチャンネル.jpg

【LINE 限定動画】
プレゼント中 ☟

↑(画像クリックでご覧になれます)  

LINEから「営業のコツ」を

週1回 無料で受講する


↑ (画像クリックでご覧になれます)  

【7つのSTEP】オンライン営業術



↑(画像クリックでご覧になれます)  

メルマガ限定ノウハウを読む


営業トーク、飛び込み営業の営業塾助け舟のYOUTUBEチャンネル.jpg

↑ (画像クリックでご覧になれます)  

【営業動画】公式チャンネル


【LINE 限定動画】
プレゼント中 ☟

↑(画像クリックでご覧になれます)

LINEから無料「営業のコツ」を週1回受講する


↑(画像クリックでご覧になれます)  

お悩み「一問一答」一覧


人気記事ランキング

タグ一覧


新着記事

相談者様のお声&結果


↑(画像クリックでご覧になれます)  

LINEから無料「営業のコツ」を週1回受講する


営業塾助け舟

↑(画像クリックでご覧になれます)  

お悩み「一問一答」一覧

https://tskb.co.jp/question&answer


LINE から、無料で
週に1~2個
「営業のコツ」を受講する

  ☟

QRコードでLINEの友だちを追加


↑(画像クリックでご覧になれます)  

メルマガ限定ノウハウを読む