「逆の立場」を意識して営業売り上げをアップさせるコツ

こんにちは

画像なんですが

売れない時は

『辛い』

って顔をしている


飛び込み営業のコツ&営業トークをお伝えする

口下手営業の中西です。 笑
 

営業で断られた後すぐにすべきこと



今日は前回の飛び込み営業のコツ



「逆の立場で」を


お伝えさせて頂きたいと、思います。





前回は


「アポイントのコツ」だったのですが

 
アポイントをもらいに行く時に

自分が気をつけている事を



自分は、お客様と喋る前に



「何って、喋ろうかなぁ?」

「何って、伝えようかなぁ?」


って考えるようにしています。




「お客様は、何って思うかな?」って


まず、考えるようにしてます。



昔、自分が


ダメダメ営業マンだった時に

断られて、


「はぁー (-_-)」って


なる事も、多く

よく落ち込んでいました。



そんな時に

上司から、教えてもらえた

飛び込み営業のコツが



上司

「中西君、次の家に行くまでの間に

 何を考えてる?」



中西

「……無……ですかね?

 何も考えれていないです……。」



上司

「俺は、断られた時に

 次の家に、到着するまでの間

 家から、家までの間に


 さっきのは、何って言えば良かったかな?

 どうだったら、良かったのかな?

 もっと良い、営業トークは?って

 考えてたよ」



中西

「そうゆう風には、

 考えれていなかったです……」
 

「逆の立場」を意識すること



それから

家から、家に行く間に


⚫自分は、どこで間違えたんだろう?


⚫お客様はどこに、
     引っかかっていたのかな?


⚫あのお客様には、何って
     伝えれば、良かったのかな?


⚫あのお客様は、何って思ったのかな?


って考えるように、しました。



最初からは、すぐに出来ないので

少しずつ、少しずつ



お客様と話をした後に

ついさっきの事を、すぐに考えるので


時間がたってから、考えるよりも


考えやすかったです。



最初は、

さっぱり分かりませんでしたけど……



それから

少しずつ


⚫逆だったらどう思うかな?


⚫自分だったら、どう思うかな?


というのも、考えていました。



例えば


営業マン

「太陽光どうですか?」 

「リフォームどうですか?」
 


お客様

「よく来るし、いらない」

「考えていない」

「結構です」って


なりやすいと思います。



いきなり来て、「どうですか?」って

もし自分が、言われたら

断ると思います。



だって、

いきなり言われても

困るじゃないですか (-_-)



それと


自分の両親が、飛び込み営業マンと

話していたら


「大丈夫かな?騙されてないかな?」って


思っていました。


実話です。



まず、「心配が先」でした。←



じゃー

どうすれば、良いの?ですけど



まずは、お客様を見るです。




今日の飛び込み営業のコツは



『いきなり初対面の人から

 商品の話をされて、喜ぶ人はいない』


です。

☟      ☟      ☟

「高確率!5人中4人アポ取れた! 
       飛び込み営業レポート」

☟   ☟   ☟  写真クリックを
   
   受付開始!
☝   ☝   ☝  写真クリックを

それでは、また後日~   (´ー`)/ 

飛び込み営業のコツ営業トーク

知らないばかりに

一人で、悩み困っている口下手営業マンの方が

辛い思いを、少しでもしなくてすみますよう

↓ に、人気の記事をまとめてみました。

 (クリックで見れます)
 ↓      ↓      ↓

人気記事 その①
全く売る気がないのに毎年、見積もりがもらえた方法


その② ↓
「雑談&アポ取り」に困らないトーク集①~⑦


その③  ↓

飛び込み営業 トークの実例①~④ アポ取りに悩んでいた部下が、復活した方法


その④  ↓
折れそうだった部下は、今はリフォーム営業で
 

年間1億4000万円の売上をあげてます。 
そのきっかけ
 

 ↑      ↑      ↑

人気記事①~④でした。 (クリックで見れます)

そして

せっかく覗いて下さった、

あなたに笑顔になって頂ければと思っています。

(^-^) 

人気記事ランキング

タグ一覧

アーカイブ

サイトマップ


友だち追加