助け舟 営業ノウハウ動画 YOUTUBE

↑(画像クリックでご覧になれます)  

1カ月71件の紹介営業トークの

【 プレゼントを受け取る 】


生命保険営業の職域でゴリ押し営業が辛いなら最初に試して欲しい2つのコツ


こんにちは


最近、


会社の近所にある明治神宮に

行って川辺に座るのが好きな


助け舟株式会社の中西です(^ ^)アツイナ


今回は、

生命保険の職域営業で、


相談者さん


『職域での上司の

ゴリ押し営業を横で見ていると


営業が辛いという状態に

なってしまいました』


それに、


相談者さん


『上司のゴリ押し営業により


「うざい、

しつこいオーラ」


が出ているお客さんに


何度も何度もお返事を

聞かないといけないのが


辛いんです』


とお悩みの

相談者さんからの


ご相談にお答えさせて頂きます。


『生命保険の職域営業が辛い


というご相談は

毎週必ず届いており、


その相談は

あとを絶ちません。


そこで、

生命保険の職域営業が辛いと悩む

あなたに知ってほしい2つのコツを


私なりに

お答えさせて頂きました。


今回の記事の元になった動画は

こちらです^ ^


クリック

ご覧になれます




1. 相談内容『生命保険の職域でのゴリ押し営業が辛い』


中西


こんにちは。


助け舟株式会社の中西です。


今日は会社の近くの

明治神宮に

散歩に来てます。


生命保険の職域営業が辛い

というご相談のメールに


お答えしようかな

ということで、

動画を撮っています。


今日のご相談の

詳しい内容は?


田尻


今日届いているご相談は、


 生命保険の職域営業を

されている方からの

ご相談です。


1-1. 生命保険の職域営業でお客さんにゴリ押し営業をするのが辛い


相談者さん


「私は3人の子供がいて、

生命保険の職域営業をしています。


営業を始めてから

辛いこともあったのですが、


私の職域で、

初めて会ったのに、


貯蓄保険に

入ってくださった


職域のお客さんが

いらっしゃいました。


相談者さん


その職域へは

所長と同行しました。


チラシの説明だけで


『入ります』と

ご契約に至りました。


その職域では

初めての出来事で

本当にラッキーでした。


相談者さん


ただ、

その後に上司は、


その職域の

お客さんのことが


『優しいお客さんだから、

主力の商品も入ってくれる!!』


と決めつけ、


その職域での

ゴリ押しの営業が

始まってしまいました。



相談者さん


その職域のお客さんに

主力商品の提案をして、


1週間に1回は


『どうですか?

考えてくれましたか?』


と、

強引にご返事を

聞いています。


3回連続で

断られてしまって、

辛いです。


その職域にも

行きづらく

なってしまいました。


相談者さん


それに、


私だけではなくて

職域のお客さんも


しつこくゴリ押しされて

辛いと思います。


その職域のお客さんは

もうさすがに、


目がものすごく

イライラしていて、


『うざい』『しつこい』


というオーラが

すごく伝わってきます。


そのオーラを感じるのも

辛いです。


それでも来週も、


その職域に返事を聞きに

行かなくてはなりません。


とにかく辛いです。



田尻


この状況、

辛いですよね。


私も過去に職域で


同じ状況だったので


辛い気持ち

すごく分かります。


職域ですんなり

契約してくれた

お客さんがいたら


「このお客さんは、

優しいから入ってくれるよ!!」


って上司が突然

やる気になるんですよね・・。


そこから

職域でのゴリ押し営業が

スタートするんです。


見るのも辛い・・



中西


そんなことあるの!?

なんか・・すごいな・・。


そんな職域営業するの

そりゃ辛いだろ・・


その上司さんは

職域でのゴリ押し営業が辛い


っていう感覚は

もう無くなって

しまっているのかな。


相談者さん


私は4月から、

中西さんの

ブログと動画を見ていて、


『お客さんのためになる

職域営業をしよう』


『そのためには

ブログで教えてくださっていることを

少しでも職域営業で実践しよう』


と思い、

実践してきました。


すると少しずつ

職域営業での辛い状況が

減ってきました。


中西


おぉ〜!

職域で試して

下さっているんですね。


辛い時こそ職域で試して欲しい

という想いで出させて

頂いていますから。


相談者さん


そして、


昨日、

初めて職域のお客さんから

アポイントがいただけたんです。


相手のこと、

職域のお客さんのことを

受け止めたり、


職域のお客さんから

お悩みを聞かせていただこう

と意識して話したら、


本当に職域で

アポイントをいただけました。


ありがとうございます。


職域営業での

辛い感情もなく

嬉しくなりました。


上司に、


『職域でアポイントを

いただけました』


とすぐに報告しました。


これも、

中西さんのおかげです。


相談者さん


3回ゴリ押ししてしまってる

職域のお客さんとは、


もうご契約には

ならないと思います。


心の中で、

その職域のお客さんに、


『ごめんなさい、

ごめんなさい、


仕事場(職域で)

ゴリ押しされるの嫌ですよね』


と思いながら、


上司の職域での

ゴリ押しを見てるのも辛い、

という状態です。


ですが私は、

職域でトークができず辛いですし、


新人という立場だから

職域でも上司に対して

控えなきゃいけないのかなとか、

色々考えて辛いです。


私も子供が3人いるので

家族をしっかり

養いたいと思っています。


子供達に、

必要なものを準備してあげられる

状態になりたいなと思っています。


2. 職域でのゴリ押し営業が辛いならまずは自分が営業ができるようになる


中西


まずは、

アポイント

おめでとうございます!!!


今の内容だと、


上司の人が

職域でゴリ押ししてるのを

隣で見てるのが辛いと。


そんな職域での

辛い状況を


ご相談くださって

ありがとうございます。


中西


せっかく職域で

入ってくれたお客さんに、


職域で更に追加契約を

頂こうとして


「どうですか、どうですか」

って、


職域のお客さんが

イライラしてるのが


分かっているにも

かかわらず・・


これは、

誰よりもその職域の

お客さんだって辛いです。


相談者さん自身も、


「どうですか、どうですか」って

職域でゴリ押し営業を続けるのを


横で見るのが辛いっていう

状況だと思うんです。


田尻


これは、

上司に


「もうそれ以上職域でゴリ押し営業

するのやめて・・」


って

言いたくなる状況ですね。


辛いですね。


中西


個人的な意見ですけど、


上司の人を変えることは

できないと思うんです。


「ゴリ押しの職域営業が辛いです」

って言ったところで、


「じゃあ、

あなた一人でやりなさい」


って言われたときに、

また更に辛いことに

なると思います。


中西


上司の職域での営業スタイルは

変えられない。



という辛い状況だと思うんで、


そこを見るんじゃなくて、


自分が職域で

できてることを

まず見てみましょう。


それが、


職域営業で

辛い状況から抜け出す

第一歩になります。


田尻


「職域営業で

辛い状況を抜け出すには

自分ができていることを見る」


ですね。


例えば

どんなことでしょうか?


中西


例えば、


この相談者さんの

場合だったら


職域にチラシを持って行ったら


「じゃあ入るよ」

って言ってもらえたり、


「職域のお客さんの話を聞こう」


「この職域のお客さんは

何に悩んでんだろう」


「この職域のお客さんは

何に不安を持ってるんだろう」


とか、


目の前の職域のお客さんに対して

考えることができています。


これは多くの場合

ゴリ押し営業を続けて

辛い状況になる方の多くは


持ち合わせていない

考えなんです。


田尻


職域のお客さんに対して、


真剣に

「この職域のお客さんは

何に困っているんだろう?」


を考える・・


売れる営業マンの

皆さんやっていることですね。


職域での辛い営業とは

正反対の営業というか・・


中西


そうそう。


だから、


この相談者さんだったら、

職域のお客さんに


ゴリ押し営業をして

辛い想いしなくても


職域のお客さんの

困りごとを考えて


職域のお客さんに喜んでもらって


契約に繋げることは

そんなに難しく無い

はずなんだよ。


そうなったら

職域営業が辛いとは

なりにくいんだ。


中西


何が言いたいのかというと


職域営業が辛いという状況を

変えるには


相談者さん自身が、


辛いとなりにくい職域営業が

できるようになることが

一番だと思うんです。


中西


それに、


上司の人のゴリ押しの職域営業は

自分の力で

変えることができないからです。


文面からも、

相談者さんの性格が

良さそうだなっていうのを

感じますので、


おそらく

職域営業で売れる可能性は

十分にあるんです。


辛い職域営業なんて、


こちらの相談者さんなら

する必要ないんですよ。


2-1. 職域営業が辛いなら上司を反面教師にしましょう


中西


まずは今、

上司の職域営業を見て、

辛いと思ってるわけじゃ

ないですか。


ですので、


事務所でもいいですし、

家に帰ってからでもいいんで、


上司と職域のお客さんは

どんな会話をしていたかを、

一回書き出してみるんです。


中西


それに加え、


「このポイントが

見てて辛いな、嫌だな」


「ここで職域のお客さんの雰囲気

すごいきつくなったな」


とか、

自分が職域営業で体験して

辛い思ったことを、


1回きっちり全部、

書き出してみてください。


職域営業で辛い

と思ったポイントを

まず自分で把握するんです。


上司の人に、


「職域でのゴリ押しやめてください」

って言ったところで、


やめてくれることはないんで。


それしかできないんですね。


中西


上司の方は、


数字に対してストイックなのか、

焦ってるのか、


なんとか数字を上げてあげたいと

考えているのか


ちょっと

分からないんですけど。


上司の人を

変えることはできないんで。


中西


自分がどこで

この職域営業が辛いと感じたか、


どこで職域のお客さんに対して、


「辛い想いさせて

ごめんなさい」


と思ったか。


自分だけじゃなくて

職域のお客さんにとっても


辛いと思ったポイントって

あったはず。


だから、

その辛いポイントを

全部紙に書き出して


辛い職域でのゴリ押し営業を

やっている上司を


反面教師にしたら

いいと思いますね。



「こういう

辛い職域営業は

もう絶対しない」と。


自分の中で決めるのが

いいと思います。


2-1-1. ゴリ押しの職域営業が辛いなら成功例を書き出してストック


中西


逆に上手くいった時って、


「職域でチラシを渡したからたまたま」


って相談者さんは

仰るんですけど、


職域営業に

偶然、たまたまって

基本的にはないんです。


きっと、その前の


挨拶であったり

笑顔であったり


お辞儀であったり

パーソナルスペースであったり


受け答えであったり

声のトーンであったり


職域のお客さんに対して

何らかの好印象を

持ってもらえるようなことを


しているはずなんです。


中西


そこも、

一度全部書き出してみましょう。


うまくいった方法は

書き出して

ストックしておくと良いですよ。


それを始めるのが

辛い職域営業の状況から

抜け出す第一歩です。


2-1-2. 生命保険の職域営業で辛いゴリ押し営業は必要ない


中西


プロの良い

生命保険営業として、


自分が


「嫌だな、辛いな」


って思うことは

職域でしなければいいし、


うまくいったなって

思うことは職域で


どんどん

やり続ければ

いいと思うんです。


上手くいった方法を

繰り返せば


多くの場合

辛い職域営業からは

抜け出せやすくなります。


中西


昭和の時代であったり、


インターネットで

情報収集ができなかった時代の

職域営業だったら


その強引で辛い

ゴリ押し職域営業でも


なんとかなったかも

しれないですけど。


今は、


お客さんは

自分自身で情報収集が

できたりするんですよね。


田尻


そうですね。


商談中にスマホで商品について

調べ始めるお客さんだって

おられますし。


その状況で

辛いゴリ押し職域営業だと

お客さんも辛いですね。


中西


そうだよね。


私個人は、


「どうですか、どうですか」

「いいですよ、いいですよ」


という辛いゴリ押し職域営業だけでは、


今後は難しいと思ってます。


中西


お客さんが選ぶのは、


費用を含めた商品サービスか、

営業マンのどちらかです。


「いつも良くしてくれるから」

とか、

「困った時にすぐ来てくれるから」

とか、

「話をいつも聞いてくれるから」

とか、


今の職域のお客さんは、


商品・サービスか、

その営業の人柄で


決める傾向にあります。


田尻


職域のお客さんにとって


良き相談相手、

頼れる営業マンに


ならないといけないんですね。


中西


そうだね。


ゴリ押しする辛い職域営業のような


商品サービス押しの

スタイルじゃなくて、


この相談者さんの場合は、

職域営業スタイルそのものは、


今のままでいいと思います。

変えなくていいです。


中西


もちろん、


プロとして

商品知識を持っていないと

いけないですけど。


今は、

自分ができることを、

ちょっとずつやっていくのが

いいと思います。


だから


職域のお客さんの質問とか反応を

今のうちから全部メモして、


成功事例も貯めておいた方が

いいと思います。


じゃあ、

頑張ってください。


ありがとうございました。


3. 生命保険の職域営業のゴリ押し営業が辛いなら試して欲しい2つのコツ


ここまで、

お読みいただき

ありがとうございます(^ ^)


今回の相談者さんからの

ご相談に対するご回答を

まとめます。


3-1. 生命保険の職域営業のゴリ押し営業が辛いなら試して欲しい2つのコツ


今回の、

生命保険の職域営業で

ゴリ押し営業が辛い


という相談者さんには、

まずはこの2つのコツから始めてみて

欲しいです。


生命保険のゴリ押し職域営業が辛いなら試して欲しいコツ①


お客さんに対して

上司のゴリ押し営業を見て、


・辛いと思うポイント

・お客さんに「ごめんなさい」と思うポイント


を全部書き出す。


ーーーーーー


生命保険のゴリ押し職域営業が辛いなら試して欲しいコツ②



アポイントをもらえた時や、

チラシを渡して

契約につながった時の流れを

一度自分で全部書き出す。


そして、

その成功例をストックする。



3-1-1. 最後に



これらの


生命保険のゴリ押し職域営業が

辛いなら試して欲しい2つのコツ


の中から


1つでも、

実践してみて

くださいね(^^)


遠くから、


この記事を

ご覧くださっている


あなたを応援しています。


一緒に頑張りましょう!



今回の記事の元になった

動画はこちらです^ ^


クリックでご覧になれます



中西 龍一

中西 龍一

助け舟株式会社 代表取締役 リフォームの飛び込み営業で4年で4億円の売上を達成。 過去に太陽光販売の個人営業で中四国地方の契約件数No1の実績を持つ。 現場第一の現場主義。営業に特化した研修講師。 現場で通じる営業トーク&チラシ作成の指導を得意とし、現在までに600人以上に営業ノウハウを直接指導。 営業未経験の40代の主婦が飛び込み営業で2か月目から塗装工事を毎月3件の契約を頂いてくるなど実績、結果多数。

「営業トーク」
オススメ人気記事

「営業 雑談」
オススメ人気記事

「アポイント」
オススメ人気記事

「生命保険営業」
オススメ人気記事

「リフォーム営業」
オススメ人気記事







↑(画像クリックでご覧になれます)  

あなたへの営業のコツ

翌日に契約が取れた方もいます


【LINE 限定動画】
プレゼント中 ☟

↑(画像クリックでご覧になれます)  

LINEから「営業のコツ」を

週1回 無料で受講する


↑ (画像クリックでご覧になれます)  

【営業動画】公式チャンネル



↑(画像クリックでご覧になれます)  

メルマガ限定ノウハウを読む


↑ (画像クリックでご覧になれます)  

【営業動画】公式チャンネル


【LINE 限定動画】
プレゼント中 ☟

↑(画像クリックでご覧になれます)

LINEから無料「営業のコツ」を週1回受講する


↑(画像クリックでご覧になれます)  

お悩み「一問一答」一覧


人気記事ランキング

タグ一覧


新着記事

相談者様のお声&結果


↑(画像クリックでご覧になれます)  

LINEから無料「営業のコツ」を週1回受講する


営業塾助け舟

↑(画像クリックでご覧になれます)  

お悩み「一問一答」一覧

https://tskb.co.jp/question&answer


LINE から、無料で
週に1~2個
「営業のコツ」を受講する

  ☟

QRコードでLINEの友だちを追加


↑(画像クリックでご覧になれます)  

メルマガ限定ノウハウを読む