友だち追加
Original

2歳〜4歳の子供のイヤイヤ・グズグズ・イライラが減って、ママのストレスも減る方法

こんにちは。

最近、外国人の方と

お話する機会が多い伴野です。


3年ほど前に結構真剣に

英語を勉強したはずなのに

ほとんど英語が

聞き取れません・・・

ジェスチャーと勢いで

なんとかしのいでいます。

 (☼ Д ☼) クワッッ!!! 



今日は、私が義理の妹に伝えたら

義妹がとっても喜んでくれた

とっておきの方法をお伝えします。


この方法を使うと、

2歳〜4歳の子供の

イヤイヤ、グズグズ、イライラ

かなり減ります。


しかも、ほとんどおもちゃを

欲しがらなくなる!

という嬉しいおまけ付きです。



1.  2歳〜4歳の子供がイヤイヤ、グズグズ、イライラする理由


イヤイヤ期と言われる

2歳の頃をピークに、

2歳〜4歳ぐらいの小さな子供は

1日のうち何回も

機嫌が悪くなります。




子供は泣くのが仕事と

言われますが、

あまりにも泣き止まないと

途方にくれてしまうことも。


2歳〜4歳の頃の

イヤイヤ、グズグズ、イライラには

理由があり


その理由に沿って対処していけば

イヤイヤ、グズグズ、イライラは

減らすことができます。


理由1:2歳〜4歳は自我が育つ時期だから

何を言っても「イヤイヤ!」。


お風呂や歯磨きなど

毎日やってもらわないと

困ることも「イヤ!」。


積み木が崩れてギャン泣き、

服が気に入らないで「イヤー!」


というイヤイヤ期の原因は、

自我が育ち始めている

からなのだとか。



2歳頃から

「自分がこうしたい」という

思いが芽生え、

自分の思い通りにならないことや

自分の気持ちが伝えられないことに

「イヤ!」という意思表示を

しているのです。


理由2:2歳〜4歳は規則正しい生活が大事な時期だから

この頃の子供たちは、

自分が生きている世界を

理解しようとしています。



例えば、ある朝目が覚めたら

そこがジャングルだったとしたら

どうでしょうか?

大人でもとても不安に

なると思います。

小さな子供は、そんな不安を

毎日体験していると

言われています。



椅子やテーブルの場所、

洋服、靴、持ち物、

それが毎日変わると言うことは、

毎日、知らないところに

放り出されているのと同じこと。

できるだけ、

毎日同じことを繰り返すことで

子供は自分の身の回りの

世界を理解し

安心していくのです。

理由3:2歳〜4歳は言葉をあまり知らないから

大人なら悲しい時は「悲しい」

不安な時は「不安だ」と

言葉にすることで

自分の心の状態を

相手に伝えることができます。


2歳〜4歳の子供にとっては

心の中の状態を

言葉にするのが難しいので

イヤイヤ、グズグズ、イライラで

伝えてくれているんですね。


お腹が減った、眠い、疲れたなど

体の状態についても同じです。



まだお腹が空いている不快な感じと

「お腹が空いた」という言葉が

うまく結びついていないんです。



2. 2歳〜4歳の子供のイヤイヤ、グズグズ、イライラを減らす方法

どうしたら

イヤイヤ・グズグズ、イライラを

減らすことができるのでしょうか?


上でご紹介した原因を

解消してあげればOKですよ。

3つの方法をご紹介します。


方法1:2歳〜4歳の子供に2択で選んでもらう

自我の芽生えへの解決方法は

2択で選んでもらう、です。

例えば、


A:今お風呂入るのと、
B:5分後にお風呂はいるのなら
どっちがいい?

A:パパが歯磨きするのと
B:ママが歯磨きするのでは
どっちがいい?



2歳〜4歳のちいさな子供だって、

大人から頭ごなしに

強制されるのは嫌なもの。


「自分で選べる」ということで

かなり満足してくれますよ。


2歳〜4歳ぐらいの小さいうちなら、

2択でうまくやりすごせます。



4歳後半ぐらいにもなると

「今日はおふろ入らないから」と

第3の選択肢を

自分で提案してくるので

この方法もだんだん

通用しなくなるのですが(汗)


方法2:2歳〜4歳の子供にこのあとの予定を伝える


2歳〜4歳は自分がいる世界が

どういうものなのか?

確かめている段階です。

この時期は規則正しい生活が大事。


毎日、同じ順番

同じ持ち物

同じ道順で

同じ保育園にいく

という感じで


規則正しい生活を

送りましょう。


とはいっても、

毎日同じスケジュールで

動くのが難しいパパママも

もちろんいらっしゃると思います。


私もそうでした。

毎日、時間も行く先も

全部がバラバラ。


そんなときは、「先に」

予定を伝えましょう。



旅行だったら

カレンダーを見せながら

「この日に旅行にいくんだよ。」

「旅行まであと●日だね。」

「明日は旅行だね。

 電車に乗るんだよね。」

という感じです。



毎日のお出かけだったら

「明日は黄色い電車にのって、

 〇〇ちゃんの家に行こうね。

 そのあとで公園に行って、

 遊んでからおうちに帰るよ。」

と繰り返し伝えます。


そうすることで、

子供の不安を減らして

「明日はいつもと違うんだな」とか

「公園に行けるんだな」とか

心の準備もでき

楽しみも増えるので、

ニコニコが増えますよ。



ですが・・・

電車の遅延や事故の場合は

最悪です。

この時ばかりは

ギャン泣きを覚悟しましょう。


方法3:2歳〜4歳の子供の気持ちを言葉にする

2歳〜4歳の子には、

その子の気持ちや体の状態を

パパママが言葉に

してあげましょう。



「おもちゃを取られて

 悲しかったね。」

「ママがいなくて

 不安だったね。」


「おなかが空いたんだね。」

「眠いんだね。」

「お熱があってだるいんだね。」


この方法は時間がかかりますが


イヤイヤ、グズグズ、イライラ

するよりも

言葉で伝えた方が

早くパパママが

なんとかしてくれる!

と子供が気づいてきます。

そうすると徐々に

言葉で伝えてくれるようになるので

イヤイヤ、グズグズ、イライラは

減ってきます。



成長するにつれて

自分の欲しいものもくっついてきて

「お腹がすいたからアイス買って」

と言えるようにもなります(汗)


その場合は方法2で

アイスを買う日

(例えば毎週日曜日とか)を

先に決めておきましょう。



買えないことが

最初からわかっていれば

次にアイスを買える日を

楽しみに待てるようになります。


3.  2歳〜4歳の子供のイヤイヤ・グズグズ・イライラが減って、ママのストレスも減る方法まとめ



今回ご紹介した方法を

使かうタイミングは

他にもいくつかあります


・電車などで静かにしないと

 いけないとき

→あと何分で電車から

 降りるのか伝えておく。


・おもちゃ屋さんがある

 ショッピングモールに行く時

→今日はおもちゃを買う日ではない

 ことを先に伝えておく。


・YouTubeを見終わって

 欲しいとき。

 →あと何分で終わりにするか

  予告する


実際にこの方法を使っている

私の息子もそうでしたし


この方法を伝えた

義理の妹の子も

イヤイヤ、グズグズ、イライラ

しない子に育ちました。

そしてなにより私のイライラが

だいぶ減っています^ ^


とはいえ、

2歳〜4歳の子供のイライラが

全くなくなるわけではありません。


大人の側がイライラしている時は

そんな方法を試してみる

気持ちになれない

ということもあると思います。

気が向いた時だけでOK!

2歳〜4歳の子がいる

パパママしかできない

子供のイライラを減らす

ゲームだと思って

気軽に楽しみながら

試してみてくださいね。


あなたが「子育てって楽しい」って

 笑えますように^ ^

伴野悠佳

伴野悠佳

教員の両親の影響で小学生の頃から教育書を読み漁る教育オタク。一児の母。息子を「自分のアタマで考えられる子」を育てるために、日々息子を使って実験中です。

「営業トーク」
オススメ人気記事

「営業 雑談」
オススメ人気記事

「アポイント」
オススメ人気記事

「生命保険営業」
オススメ人気記事

「リフォーム営業」
オススメ人気記事




↑(画像クリックでご覧になれます)  

あなたへの営業のコツ

翌日に契約が取れた方もいます


【LINE 限定動画】
プレゼント中 ☟

↑(画像クリックでご覧になれます)  

LINEから「営業のコツ」を

週1回 無料で受講する


↑ (画像クリックでご覧になれます)  

【営業動画】公式チャンネル


LINE から、無料
週に1~2個の「営業のコツ」を受講する
  ☟

友だち追加

↑ (画像クリックでご覧になれます)  

【営業動画】公式チャンネル


【LINE 限定動画】
プレゼント中 ☟

↑(画像クリックでご覧になれます)

LINEから無料「営業のコツ」を週1回受講する


↑(画像クリックでご覧になれます)  

お悩み「一問一答」一覧


人気記事ランキング

タグ一覧


新着記事

相談者様のお声&結果


↑(画像クリックでご覧になれます)  

LINEから無料「営業のコツ」を週1回受講する


↑(画像クリックでご覧になれます)  

お悩み「一問一答」一覧

https://tskb.co.jp/question&answer


LINE から、無料で
週に1~2個
「営業のコツ」を受講する

  ☟
友だち追加