Original

親子ゲンカにサヨナラ・・・「つい、否定語」をやめる3つのコツ【考える力+子育て応援】

こんにちは。

目の疲れが止まらない

伴野です。

はちみつを点眼してみました。

・・・激痛!!!!

※良い子はマネしないでね。


子育てに熱心なパパママなら

叱るときに

「否定語を使わないで」

という話はご存知だと思います。



「そんなこと知ってるけど

 やめられないから

 困っているんじゃないの!」

という

パパママのために


「つい、否定語で叱る」を

やめるための

コツをご紹介します。


1. 否定語を使った叱り方って何?

ご存知の方は

飛ばしていただいて

いいのですが

念のため、解説します。


・走らないで!

・騒がないで!

・散らかさないで!

・飛び出さないで!

・喧嘩しないで!

・おもちゃ取らないで!


これが、否定語「〜しない」を

使った叱り方です。



つい、否定語「〜しない」で

叱ってしまいますよね。

私もよくやっていました。


でも、この叱り方に

あんまり効果がないのは

ご存知の通り。


なんか、いつも

3秒おきぐらいに同じことを

言っている気が

するんですよ・・・


でもその「つい」がやめられない

パパママのために

「つい、否定語」を

やめるためのコツを

ご紹介します。



2. パパママが「つい、否定語」をやめるコツ

わかっちゃいるけど、

やめられない。


つい、うっかり、思わず…

否定語での叱り方。


やめるためのコツ3つを

ご紹介しますね。



2-1.「つい、うっかり」に気づく

多くのパパママが

無意識に否定語の叱り方を

やっています。


まずその「無意識」の行動に

気がつくのがポイントです。




あとからでも良いんです。

「あ、今言った」

「そういえば、今日ここで

 否定語で叱っちゃったな」

まずは、気がつく。


これが大事です。

自分の「つい」に気がつけば

7割 解決しています。



2-2.パターンを見つける

「〜しないで!」という

叱り方はおそらくですが

そんなにパターンはないはずです。


・いつ

・どこで

・子供がどういう時に


否定語の叱り方をするか?

叱り方のパターンを

よくみてみましょう。



よく言ってしまうのは

2-3個ぐらい

じゃないでしょうか?


私の場合は、

子供のお菓子の食べ方。

「そんなにボロボロ

 こぼさないで!」

と、よく言います。


ここまできたら

解決できたも同然です。


2-3.事前に準備しておく

よく言っちゃう

パターンが見えたら

「何を言うか?」

セリフを先に

考えておきます。


「走らないで!」なら

「歩こうね」


「騒がないで!」なら

「静かにお話しようね」


「散らかさないで!」は

「お片づけしてね」


「飛び出さないで!」は

「横断歩道の前で止まってね」


「喧嘩しないで!」は

「冷静に話し合おうね」


「おもちゃ取らないで!」なら

「『貸して』って、

 聞いてみてね」


「そんなにボロボロ

 こぼさないで!」だったら

「こぼしたらお菓子のカスを

 掃除機で吸っておいて」


悪気があって

こぼしてるわけじゃ

ないですからね。


コツは

「こうしてほしい」

伝えることです。



これを考えるのが

なんか脳トレみたいで

結構楽しいです。


3. 「つい、否定語」をやめる3つのコツ まとめ

今回は「つい、否定語」を

やめるためのコツを

ご紹介しました。



パパママが

「こうしてほしい」を伝えると


子供の方から

「じゃあ、

 こういう方法ならどう?」と

別の方法を考えて

提案してくるので

それもなかなか面白い!



親子ゲンカが減って

「こうしたら?」

「それより、こうしたら?」と

会話も弾んで

考える力もアップして

楽しくなりますよ。


あなたが「子育てって楽しい」と

笑えますように。^ ^

伴野悠佳

伴野悠佳

ニコニコキッズクリエーター。一児の母。子供向けプログラミング教室講師。学習塾講師。教員だった両親の影響で小学生の頃から教育書を読み漁る教育オタクだったが、出産を気に「教育ヲタ」まっしぐら。「自分のアタマで考えられる子」「生きる力を身につけた強い子」を育てる活動をしています。

部下育成 と 子育て【マネジメント 4つポイント+失敗例】

4年で4億売れた営業ノウハウをお伝えしている中西龍一です(^-^)『部下育成と子育ての共通点とコツ』をお伝えしています。営業で、お悩みをお持ちのあなたへ、無料相談を受付中です。営業で悩んで、足が出なくなることがあったら、あなたのお話を聴かせて下さいませm(__)mあなたが、営業って楽しいと笑えますように(^^)