Original

「社会って何?」と子供に聞かれたらー夢を描く時に意識したい2つのこと

こんにちは。

自分史上最高に喉が痛い

伴野です。

ジェスチャーで対応しているので

はたからみると、

怪しい人です。



さて、年始に子供たちに向けて

夢を描くワークショップの

先生をしてきました。


子供たちが将来の夢を描く時

意識してもらっていることが

2つあります。


それは

・他者

・社会


です。


今日はそのことについて

書いてみたいと思います。


1. 「他者」って何?

他者は自分以外の

他の人のことです。


自分が夢を叶えたら

笑顔になる人がいる。


そういうことを

想像してもらいたいと

思っています。


学校の先生になりたい子なら

笑顔になるのは

教え子たち。


飛行機のパイロットなら

笑顔になるのは

お客さん。

という感じでしょうか。


2. 「社会」って何?

さて、次が社会です。


子供たちから

「社会って何?」と

聞かれました。


自分が生きている

この周りの世界のことだよ。


と説明しています。


自分と社会が

繋がっている感覚

というのがすごく大事に

なってきます。



夢を描く時、

子供たちは

「お金が欲しい」

「おもちゃがたくさん欲しい」

って、素直です。



次のような質問で

ちょっと考えてもらいます。


「100万円をもらいました。

 でも、もし

 おもちゃを作っている人が

 この世にいなかったら

 おもちゃが

 この世界になかったら

 そのお金、意味あるかな? 」


そこではじめて

あったこともない

子供たちのために

おもちゃを作っている人が

この世にいるっていうことに

気がつくみたいです。


社会と繋がっている感覚を

ちょっと感じてもらいました。


3. 他者と社会はどうして大事?

「自分は他者や社会に影響を

 与えられるんだ!」

という実感があると

頑張るぞ!と行動できる

ようになります。


社会と繋がっている感覚が

ないと、

「影響を与えられる」とは

思えないですから。


また

「影響を与えること」というと

エジソンや

孫正義さんみたいな

有名人を思い浮かべて

しまうかもしれませんが、


「有名になること」とは

ちょっと違います。


例えば、

タイヤを発明した人を

知っていますか?


自転車を発明した人を

知っていますか?


靴を発明した人を

知っていますか?


私は、知りません(笑)。


世界を見渡してみると

無名の人が発明したもの

無名の人たちが

コツコツ改良したもので

溢れています。


ほんのちょっとだけの

アイデア・工夫で

世界がちょっとだけ良くなる。


それが

世界に影響を与えること

だと思います。


このことが、腑に落ちると

「頑張ろう!」と

力が湧いてくるのです。


4. 子供たちの変化

このワークショップを

受けてくれたお子さんのママから

嬉しいご報告が。


後日お子さんが

「酔わない車があったら

   助かる人、

 多いんじゃないかな?」

と、おっしゃっていたそう。


「会ったこともない人の

 ためになることを

 社会の一員として

 考えるようになった

 のではないか」との

ご感想をいただきました。


嬉しいなぁ、

伝わったんだなぁ。


よかったよかった^ ^

もうこの子は大丈夫。


誰かのために

行動できる大人になります。



もし、お子さんと

将来の夢について

話し合うことがあれば

参考にしてみてください。


あなたが「子育てって楽しい」と

笑えますように。^ ^

伴野悠佳

伴野悠佳

ニコニコキッズクリエーター。一児の母。子供向けプログラミング教室講師。学習塾講師。教員だった両親の影響で小学生の頃から教育書を読み漁る教育オタクだったが、出産を気に「教育ヲタ」まっしぐら。「自分のアタマで考えられる子」「生きる力を身につけた強い子」を育てる活動をしています。

部下育成 と 子育て【マネジメント 4つポイント+失敗例】

4年で4億売れた営業ノウハウをお伝えしている中西龍一です(^-^)『部下育成と子育ての共通点とコツ』をお伝えしています。営業で、お悩みをお持ちのあなたへ、無料相談を受付中です。営業で悩んで、足が出なくなることがあったら、あなたのお話を聴かせて下さいませm(__)mあなたが、営業って楽しいと笑えますように(^^)