Original

そうそう!わかる!パパママ子育ての悩みランキング 年齢別TOP5

子育て中のパパママ、

毎日の子育てお疲れ様です。

今回は子育てのお悩みランキングを

ご紹介します。


「こんな悩み、私だけ?」


「他の人はどんなことで

 悩んでいるの?」


「子供が成長すると、

 悩みは変わるの?」


そんな疑問を少しでも

解消してもらおうと、

平成21年度 全国家庭児童調査の

結果から

子育てのお悩みの傾向を

まとめてみました。

年齢別にランキングを

ご紹介いたします。



0歳から6歳の子育ての悩みランキング

小学校に入学する前のお子さんを

お持ちのパパママ

子育てのお悩みランキングです。


子育て中のママの悩み 第5位 子供の友達に関する悩み

0〜2歳前半ぐらいまでは、

自分だけのことで精一杯の子供達ですが、

3歳が近づいてくるとお友達に

興味を持ち始める子も

でてきますね。

4歳ごろには仲のいいお友達と

遊ぶことがとても楽しい時期です。


ですが、逆にお友達に

興味が出る時期だからこその

お悩みも。

調査したところ、

こんなお悩みが多いようです。


  • 遊んでいておもちゃの取り合いになり、噛まれた。(2歳男子)
  • 幼稚園で、先生が見ていないところでつねってくる女の子がいる(4歳女子)
  • 仲間はずれにされた(4歳男子)
  • 戦いごっこがエスカレートして、顔を蹴られた(4歳男子)
  • 大きなお兄ちゃんがいる友人の汚い言葉遣いを真似するようになった(5歳男子)


傷を作って帰ってきた子に

「何があったの?」と聞いても

うまく答えられない子もいて、

パパママは心配しちゃいますね。


叩いたりする側だったりすると、

なおさら心配です。


手が出てしまうお子さんの場合は、

まずは上げた手をそっとつかんで

気づかせてあげましょう。


大人が気持ちを代わりに

言ってあげるといいと思います。



子育て中のママの悩み 第4位 子供の勉強に関する悩み

このランキングを見て、

私はとてもびっくりしたのですが、

小学校に入る前から

勉強のことを心配している

パパママって

とっても多いんですね。


いろいろな情報があふれていて、

「うちも何かやらせた方が

 いいのかしら?」

なんて思うパパママも

多いんだと思います。


また最近では、

「小学校で英語の授業」とか

「プログラミングが

 小学校で必修化」とか

そんなニュースも出てきて

ますます心配になってしまう

パパママもいるかもしれませんね。


調査したところ、

こんなお悩みをお持ちの

パパママがいらっしゃいました。

  • 幼児教室に通っているけど、他の子に比べてできが悪い(2歳男子)
  • 習い事に連れて行きたいけど、時間がない。(4歳女子)
  • 幼児向けの学習塾に通わせているけれども、行くのを嫌がっている(5歳男子)

 

そんなお悩みを消してくれる情報も。

「文字などの早期教育の効果は

 数年しか続かない」という

調査結果もあるそうです。

(参考:AERA(2010年4月26日号)

「早期教育効果は小学生で消える

 子どもの学力は何で決まるのか」)


一番大切なことは、

パパママが愛情たっぷり

育てることなのかもしれませんね。

hug


お子さんをたくさん抱きしめて

あげていれば大丈夫ですよ。

それから信頼できる専門家を

探してみましょう。



子育て中のママの悩み 第3位 子供の健康に関する悩み

小さな子供達は抵抗力が

弱かったりします。

ぴったりくっついて遊ぶので、

いろんな病気を保育園や幼稚園から

もらってきますよね。


冬にはインフルエンザ、

夏にはヘルパンギーナや手足口病。

パパママも普段の子育てに加えて

病院へ連れて行ったりしなくては

いけないのでとても大変です。


調査したところ、健康については

こんなお悩みをお持ちの

パパママがいらっしゃいました。

  • インフルエンザのA型、B型続けてかかった(6歳女子)
  • 家族全員、溶連菌に感染した(5歳男子、0歳男子の兄弟)
  • 謎の下痢が1週間続いた(4歳女子、3歳男子の姉弟)
  • 熱性けいれんがあり、発熱すると目が離せない(3歳男子)


hatsunetsu

お仕事をしながら、

子供の病気と戦いながら、

毎日頑張っているパパママ

本当にお疲れ様です。


今、体が弱い子も小学生になると

丈夫になることも多いみたいです。

楽になるまであと少し。

頑張りましょう。



子育て中のママの悩み 第2位 子供の性格やクセに関する悩み

小さなお子さん、安心するために

いろんなクセを持ってますよね。

こんなお悩みがあると聞きました。


  • 指しゃぶりがなかなか治らない(4歳男子)
  • ママの髪の毛を引っ張る(1歳女子)
  • 寝るときにお母さんのほっぺに手を当てていないと寝れない(6歳男子)
  • 自分の髪をひっぱりすぎて、ハゲができている(2歳女子)
  • 電車に乗ってしばらくすると泣き出すので電車で出かけられない(2歳男子)
  • 毎日、保育園帰りにスーパーでお菓子を買って帰るのがクセになってしまった(3歳男子)
  • 毎日、幼稚園終わりに3時間公園で遊ぶのがクセになっている(5歳男子)


このお悩みをみると、

パパママが本当に頑張って

いらっしゃいますね。

理由を言っても納得しない年齢なので、

無理に言うことをきかせて

不機嫌にさせるよりは

子供に付き合った方が楽、

ということもありますが・・・

それにしても本当にお疲れ様です。


こんなにたくさんの愛情を

注いでくれる

パパママのところに生まれてきた

お子さんはとっても幸せですね^ ^



子育て中のママの悩み 第1位 子供のしつけに関する悩み

人に会ったらご挨拶、

外ではお行儀良く、

他の子と仲良く遊ぼうね、

しつけは0歳からはじまっています。

でも、なかなか言っても

できるように

ならないんですよね。


  • なかなか挨拶ができない(4歳男子)
  • 友達のおもちゃを取ってしまう(3歳男子)
  • 喋りながらご飯を食べる(5歳男子)
  • ご飯の前にお菓子を食べたがる(4歳女子)

dadakone


大変ですが、こればっかりは

通じないと分かった上で

言い続けるしかありません。


子育てでなかなか結果が

出ないと辛いですね。

結果が見えなくても粘り強く、

お子さんが社会に出てから

困らないように

先を見据えて頑張っている

パパママ。


お子さんが大きくなったとき、

きっとありがとうって

言ってくれるはずです。


とはいえ、たまには息抜きも必要!

ファミリーサポートや

子育てシェアなど

地域の子育てサポートサービスも

うまく使って

乗り越えてくださいね。



小学校1年生から3年生の子育てのお悩みランキング

続いて、小学校1年生から3年生の

お子さんを持つパパママの

お悩みランキングです。


小学校に入るとお子さんが

一人で行動する時間が

増えてきます。


そうするとお悩みの内容も

変化してくるようです。

悩みの内容は0歳から6歳の

お悩みと変わらないのですが

ランキングが変化しています。


どのようにランキングが

変わっているか

見てみましょう


小学校低学年子育て中のママの悩み 第5位 子供の友人に関する悩み

お友達に関する悩みが第5位に来ています。

小学校3年〜4年生の年代は

ギャングエイジとも言われ

ちょっと悪ぶったり、かっこつけたりが

大好きな時期です。


早い子だと2年生ぐらいから

その傾向が現れるとも。


子供の自立のために大切な

時期だそうなのですが、

ちょっと悪い影響も受けてくると

パパママ心配ですよね。

こんなお悩みがあると聞きました。


  • 友人が持っているゲームが欲しがる(小1女子)
  • 悪い上級生に知らない場所まで連れて行かれ迷子になった(小1男子)
  • いじめまではいかないが学校でいじられているようだ(小1男子)
  • 友達をうまく作れない(小2女子)
  • 突然グループから外されるようになった(小3女子)


mushi


以前、私が教えていた

塾の保護者から

こんなメールをいただいたことが

ありました。

「息子の友人の〇〇くんですが、

 カッとなると

 手が出てくるようです。

 席を離して座るように

 していただけませんか。」


この件について、

担任の先生に聞いたところ

「仲良くじゃれあっているだけ

 だと思っていました」

とのことでした。


子供が嫌がっているかどうかは

学校や塾の先生は

実は結構分からないものです。

教えることに集中していると

パッと見ただけでは

じゃれているようにしか

見えないこともあります。


パパママから指摘されて

初めて気づくこともありますので

お子さんが困っているなら

先生に伝えても、

大丈夫なんですよ。


明らかに度を超えた要求でなければ

モンスターペアレントだなんて

思われることはありません。

心配なさらず、お困りのことを

相談してみてくださいね。



小学校低学年子育て中のママの悩み 第4位 子供の健康に関する悩み

まだ小学校低学年でも

健康に関する悩みは多いようです。


しかしランキングの順位は

下がってきています。

健康のお悩みから解放されるまで

あと少しです!頑張って。


小学校低学年子育て中のママの悩み 第3位 子供の性格に関する悩み

落ち着きがない性格だったり、

先生の話を聞くよりも先に

自分でやってみたくなってしまう。など、

学校生活の中で先生から

注意されがちな性格だと、

パパママは悩んでしまうみたいです。


  • 説明を聞く前に行動してしまい先生に怒られる(小1男子)
  • 人付き合いが嫌いで集団生活になじめない(小2男子)
  • 引っ込み思案な性格で困ったことがあっても先生や周りの友達に相談できない(小2女子)


ochitsukanai



もしちょっとでも

「育てづらいな」

「集団生活が大変そうだな」

と思われる場合は、

民間の療育の体験に

行ってみてはいかがでしょうか?


「療育」と言うとなんだか

医師の診断を受けて

発達障害と診断されてないと

いけないんじゃないの?と

思われがちですが、

最近では習い事の一つ、

というぐらい軽いノリで

行けるそうです。


民間の療育だと

リタリコジュニアさんが有名です。


小学校低学年子育て中のママの悩み 第2位 子供の勉強や進学に関する悩み

小学校に入ると、

テストの点や成績という形で

結果が目に見えてきます。

周りの子と比べて悩んでしまう

パパママもいるようです。

  • 入塾テストに落ちて塾に入れなかった(小3男子)
  • 学校の宿題をやらない(小2男子)
  • 学校の宿題を親がチェックしなければいけず大変(小2女子)
  • 宿題をやらないので、やらせるのが大変(小1男子)


子供に宿題をやらせるのって

本当に大変ですよね。

宿題の答えを親がチェックする

学校もあると聞きました。


なんと算数の計算問題100問の

答え合わせを毎日!


ただでさえお仕事や家事で

忙しいのにお疲れ様です。

パパママがそんな風に

頑張っている姿を見ているから

お子さんもきっと

頑張れる子に育つんだと思います。



小学校低学年子育て中のママの悩み 第1位 子供のしつけに関する悩み

小学校低学年のしつけでは

身の回りの生活習慣関連の

お悩みが多いようです。


  • 服を脱ぎっぱなしで片付けない(小1男子)
  • 学校からもらってきたプリントを出さない(小1男子)
  • 忘れ物が多い(小1男子)


片付けや持ち物の準備は、

もしかしたらやり方が分からなくて

お子さんも困っている

かもしれません。


お支度ボードと言うツールを

自作している方もいるみたいです。


やることを一覧にするだけで

解決できることも。

ぜひ試してみてくださいね。



小学校4年生から6年生の子育ての悩みランキング

小学校の高学年になってくると

お悩みの傾向がこれまでと

変わってきます。

低学年までは

しつけや生活習慣についての

悩みが多かったのですが、

勉強や進学に関する悩みが

増えてきます。


最近では中学受験をする

お子さんも多いので

お悩みの傾向が変化するのは

当然かもしれませんね。

それではランキングを

見ていきましょう。


小学校高学年子育て中のママの悩み 第5位 子供の友人に関する悩み

小学校高学年になってくると、

お友達の悩みも内容が

変わるようです。

気の合う友達と仲良くなる一方で、

些細なことで仲間はずれに

なったりすることも。


こんなお悩みがあると聞きました。


  • 貸したゲームを友達が返してくれない。(小4男子)
  • 学校から帰ってきても遊ぶ友達がいない(小5男子)
  • 今まで仲が良かったグループから仲間はずれにされている (小6女子)
  • 我が家が子供の溜まり場になって困る (小4男子)
  • 仲の良い子がいるが、カッとなると叩いてくる(小5男子)

abareru_kodomo


高学年になると

親のこともなかなか素直に聞けず、

パパママとしては心配ですよね。


でも、愛情たっぷりに育った

パパママのお子さんですから

きっと大丈夫です。

パパママからの言葉は

届いていると思いますよ。


小学校高学年子育て中のママの悩み 第4位 子供の健康に関する悩み

小学校高学年になると健康に関する悩みも少し変わってきます。

  • 肩こりがひどい(小6女子)
  • 猫背でとにかく姿勢が悪い(小5女子)
  • 視力が悪い。ゲームのしすぎ?(小4男子)
  • 子供が偏頭痛持ち(小6男子)


katakori

大人の悩みと同じような悩みをもつ

お子さんもいらっしゃるようです。

体を思いっきり

うごかせなかったり、

受験のストレスが原因だったり

ということもあるかもしれません。


高学年にもなると、

なかなか親子で外出という機会も

少なくなるかもしれませんが、

リフレッシュできる機会を

作ってあげられるといいですね。


小学校高学年子育て中のママの悩み 第3位 子供の性格に関する悩み

高学年になると、

すっかり大人な雰囲気の

お子さんがいる一方で、

まだまだやんちゃしたい子もいて、

そのギャップに悩んでしまう

パパママもいらっしゃるようです。


こんなお悩みがあると聞いています。


  • すぐにキレる、感情的になって友達に手が出る(小4男子)
  • 自己中心的な性格で困る(小6男子)
  • 親の言うことを全くきかない(小4男子)
  • 繊細すぎる。友達と遊ぶ約束ができないとすごく落ち込む(小5女子)


高学年とは言っても

まだまだ甘えたかったり、

感情のコントロールが

難しかったりと

子供っぽいところは残っていても

仕方がない時期だと思います。


心配しているパパママは、

自分のお子さんと他のお子さんを

よく観察しているのですね。


そこまで観察できているのなら、

きっと大丈夫です。

お子さんは成長していけています。

信じて頑張りましょう!



小学校高学年子育て中のママの悩み 第2位 子供のしつけに関する悩み

この頃になると一人で

お友達の家に遊びに

行ったりすることも増え、

外でちゃんとやっているか?が

気になるようです。


  • 子供が他のおうちにお邪魔したあとで、遊びに来ないでと言われた(小6男子)
  • 友人とお金の貸し借りをしているようだ(小5女子)
  • 娘の言葉遣いが汚い(小6女子)


こんなお悩みがあるそうです。

遊びに来ないで、と言われるなんて

一体何があったのか心配ですね。


パパママに反発したい時期。

この時期に反抗できるというのは

ちゃんと育っている証拠。


親の前では汚い言葉遣いを

していても、

外では意外ときちんと

しているものです。


難しい年頃ですが、

子供の事を信じて

温かい目で見守っていきましょう。


この記事を読んでくださっている

優しいパパママなら大丈夫です。


何かの際には対応できるように、

できるだけ子供の友人の保護者や

学校の先生とも良い関係を

築いておきたいですね。



小学校高学年子育て中のママの悩み 第1位 子供の勉強や進学に関する悩み

中学受験をされるお子さんが

増えているのか

勉強の悩みが第一位です。

塾では成績順で席が決まっていたり

クラス替えがあったりと

とっても厳しい現実と

子供達は向き合っています


  • なかなか成績が上がらない(小6男子)
  • いやいや勉強をしている(小5男子)
  • 塾のクラス替えで、下のクラスに落ちた(小5女子)


子供のためを思って

勉強を応援している

パパママにとって、

頑張っているお子さんが

結果を出せていなのを見るのは

辛いですね。

受験が全てではない、と

わかっていても、

結果が見えないときは

とても苦しいと思います。


ですが、こうやって心配している

あなたのお子さんなら大丈夫。

きっと、逆境を乗り越えられる

はずです。



小学校高学年子育て中のママの悩み 番外編:5人に一人はいじめでなやんでいる(19.1%)

小学校高学年のお悩み

ランキングの中で、

TOP5に入らなかったものの

目立ったのがいじめの悩み。


いじめの悩みが

最も増えるのは

小学校高学年でした。


その割合はなんと5人に1人

自分の子供がいじめに

巻き込まれているかも

と思うと本当に心配ですね。


働いていると、お子さんとの時間が

なかなかとれなくて

いじめの悩みを聞けていないかも?

と心配なパパママも

いるかもしれません。


そんな場合には文部科学省が

公開している

いじめのサイン発見シート」で

お子さんがいじめのサインを

出していないか

チェックしてみてください。



パパママ子育てのお悩みランキング 年齢別TOP5 まとめ

お悩みランキングを見てきましたが

いかがでしたでしょうか。


年齢が進むにつれて

 ・しつけの悩みは減る

 ・勉強や進学の悩みが増える

ことがわかりました。

また子供の性格に関する悩みは

ずっと続くようです。


この記事を読んでいるパパママなら

お子さんの性格を「個性」として

尊重されていることと思います。


こんなに一生懸命お子さんのことを

大切に思っている

あなたなら大丈夫!


子育ってって楽しい!と

あなたが思えますように。

伴野悠佳

伴野悠佳

教員の両親の影響で小学生の頃から教育書を読み漁る教育オタク。一児の母。息子を「自分のアタマで考えられる子」を育てるために、日々息子を使って実験中です。