Original

子育て中なら、いますぐやめようLINEスタンプ【考える力+子育て応援】

こんにちは。

明日(2/22)の

はやぶさ2のニュースが

気になりすぎて

夜もぐっすり眠れている

伴野です。


ライブ中継見たいなー

(・∀・)ワクワク



さて今日は子供達の

考える力を身に付けたい

パパママが

SNSのスタンプを

やめたほうがいい

理由について

お伝えします。




1. SNSのスタンプ 便利さと欠点

LINEに限らず

SNSのやりとりで

便利なスタンプについて

解説です。


1-1. SNSのスタンプって?

はい。これです。


▼LINE



▼Facebook Messenger



「絵」だけで

想いやメッセージを

伝えるツールのこと

ですね。


1-2. スタンプは便利!

スタンプは便利です。


なぜって

いちいち言葉を

打ち込まなくても

ピッ!と送信するだけで



自分の気持ちや

今の状況さえも

一瞬で伝えてくれる。


  • 言葉を考えなくていい
  • 言いにくいことを言わなくていい
  • 打ち込まなくていい


思考力と時間の

両方を短縮できる

優れたツールです。


これを考えた人、

天才です!


1-3. 便利さの裏で失われるもの

ここまで読んで

くださった方なら

便利の反面に

失われるものは

お分かりですね?


言葉を使わなくなると

言葉で表現する力が

どんどん失われます。




考える力の基礎は

言語力です。


言葉の力を

失ってしまったら

考える力なんて

つくはずがありません。



2. スタンプをやめてみるとどうなる?

私がスタンプを

やめてみた体験談です。


2-1. こういう時に困った・・・

スタンプをやめた直後は

こういう時に困りました。


  • 心からの感謝がうまく伝えられない
  • 褒める言葉がワンパターン
  • 気遣いの言葉がかけられない
  • やりとりをやめたいときに止められない


つまり、語彙力がない!

ガーン・・・

自分の現実を

突きつけられました。



2-2. 相手の言葉から学ぶ

自分の語彙力のなさに

気づいたら

あとは学ぶだけ。


気づいたら7割解決!

なのです。


実は、語彙力を増やすのは

簡単でです。


素敵な言葉を

使っている人や

本の中の素敵な言葉を

丸パクリすればいいのです。



そう。

小さな子供が

パパママの真似をするように

ただ使ってみる。


それだけで

素敵な言葉が

自分の血となり

肉となってくれます。


2-3. 言葉の大切さ子供達に伝えるには? 

ただただ

言葉に四苦八苦している

姿を子供に見せるだけ。


「〇〇って■■だよね。

 あれ?ちょっと

 説明が変だね。

 〇〇って△△。

 うーん。違うね。

 〇〇は、XXでYY。

 うん。これならいいね。」



ということを

子供と一緒に会話していると

子供も一人でブツブツ・・・


「〇〇はYY。違うなぁ。

 〇〇はYYでXX。」


言葉を真剣に使う姿は

伝わります!

 


3. 子育て中なら、今すぐやめようLINEスタンプ まとめ

まとめです。

もしスタンプを

多用していると思ったら

まずは、スタンプを

やめてみましょう。


こんなことを伝えたい!

と思ったら

真似をしましょう。


言葉に対して意識の高い

コミュニティでは

スタンプが使われることは

ありません。


もっとレベルがあがると


^ ^

(・∀・)


こういう顔文字すら

使わないコミュニティも

あります。


で、そういう

言葉を駆使することに

努力を厭わない

コミュニティって

仕事でも結果を出す人が

多いんです。


考えられる子にしたいなら

スタンプをやめてみる。

オススメです^ ^



それでも、私はスタンプを

使う時があります。


それは時間的に

追い込まれているとき。


私がスタンプを送ったら

それは非常事態

ということなので

お察しください(笑)


あなたが「子育てって楽しい」と

笑えますように。^ ^

伴野悠佳

伴野悠佳

ニコニコキッズクリエーター。一児の母。子供向けプログラミング教室講師。学習塾講師。教員だった両親の影響で小学生の頃から教育書を読み漁る教育オタクだったが、出産を気に「教育ヲタ」まっしぐら。「自分のアタマで考えられる子」「生きる力を身につけた強い子」を育てる活動をしています。

部下育成 と 子育て【マネジメント 4つポイント+失敗例】

4年で4億売れた営業ノウハウをお伝えしている中西龍一です(^-^)『部下育成と子育ての共通点とコツ』をお伝えしています。営業で、お悩みをお持ちのあなたへ、無料相談を受付中です。営業で悩んで、足が出なくなることがあったら、あなたのお話を聴かせて下さいませm(__)mあなたが、営業って楽しいと笑えますように(^^)