Original

本当に頭のいい子に育てる方法(1)頭のいい子ってどんな子?【子どもの考える力養成講座】

こんにちは。

頭が悪い伴野です。


頭が悪いことが

コンプレックスだったので

どうしたら頭のいい子に

育つのか?を

シリーズで書いてみようと

思い立ちました。


頑張ります^ ^


今日は、「頭のいい子」って

どんな子か?

ということについて書きます。




1. 「頭のいい子」ってどんな子?

私にとって「頭のいい子」は

テストで100点が取れる子では

ありません。


 ・考える力

 ・メンタル


この力がある子です。


1-1. 「頭のいい子」の考える力

頭のいい子には「考える力」が

あります。


「考える力」を養うためには

考えたい!という

モチベーションが必要ですが


そのモチベーションのモトは

「本質」を知りたい

という気持ちです。


「本質」を知りたい

この気持ちを高めれば

考える力がつき

「頭のいい子」になるのです。


※具体的な方法については

 後日書いてここに

 リンクを貼りますね。


1-2. 「頭のいい子」のメンタル

頭のいい子のメンタルですが

つい

 ・誰にでも優しく

 ・素直で

 ・やりとげられる力がある

と、神メンタルを持つ子を

想像しがちですが

私が思う理想像は違います。


頭のいい子の

理想のメンタルは

自分の欠点すら

全肯定できるメンタル

です。

ついイライラしちゃう

すぐ何かを辞めてしまう

すぐに泣いてしまう


親からみたら

「あーあ」と

言いたくなっちゃうことでも


「自分はそれでOK」

そう思える子こそが

本当の意味で

「頭がいい子」なのです。


※その理由についても

 また後日、別ブログで

 書きたいと思います。



1-3. 「頭のいい子」はこんな子

頭のいい子の定義をまとめると

・本質を知りたい気持ち

・自分を全肯定できるメンタル

この2つを持っている子、

ということになります。


この2つがあれば

これからやってくる

新しい時代・・・つまり

変化の激しい

混乱と革命の新世界を

生きていくこと

できると私は信じています。



2.「頭のいい子」に育てる方法の全体像

各年齢別の具体的な方法は

今後、少しづつ書いていきますが

今回は全体像を

解説したいと思います。


2-1. 「頭のいい子」にするための教養

頭のいい子にするために

養いたいのが

「教養」です。


教養とは「血の通った知識」

ことだと思ってください。


たとえば小さな子に

「これはバナナだよ」と

教えたとします。



ですが、ここで終わらせて

しまったら

教養ではありません。


バナナには

いろいろな姿があります。


これもバナナです。


誰かによって収穫されて

船に乗って運ばれて

誰かによって売られて

・・・と

バナナは

時間と空間を超え

様々な人の手を渡って

いきます。


バナナについて

他のモノやコトと

網の目のように

関連づけられる力が

教養なのです。




2-2. 「頭のいい子」にするためのモノの見方・考え方

「頭のいい子」は

色々な角度から

柔軟に物事を

考えられます。


例えば先ほどのバナナ。

バナナの本質

理解するための道具が

モノの見方/考え方

なのです。


・分けて考える

・原因と結果で考える

・手段と目的で考える

・論理で考える

・フレームワークで考える


など、いろいろな道具が

ありますが

適切な道具を

適切なタイミングで

使いこなせる子が

本当に「頭のいい子」なのです。



2-3. 「頭のいい子」にするための親の関わり方

本当に頭のいい子に

するためには

「正解主義」をやめて

なんどでも

なんどでも

何かの本質

子供と一緒に考えてみる

という態度で

接することです。


それは、特別なことでは

ありません。


どうしてお友達を叩いちゃいけないの?

宿題ってなんのためにするの?

勉強ってなんの役にたつの?

どうして学校にいかないといけないの?


子供はいつだって

本質を知りたがってます。


「そんなの常識でしょ。

 あたりまえでしょ。」


と大人の正解を

押し付けるのではなく


「あれ?どうしてだっけ?」と

一緒に考えること

「頭のいい子」にする

第一歩だと思っています。


3. 本当に頭のいい子に育てる方法(1)まとめ

今回は全体像をご紹介しました。

次回以降、年齢別・項目別などで

具体的な方法ご紹介していく予定です。


伴野悠佳

伴野悠佳

ニコニコキッズクリエーター。一児の母。子供向けプログラミング教室講師。学習塾講師。教員だった両親の影響で小学生の頃から教育書を読み漁る教育オタクだったが、出産を気に「教育ヲタ」まっしぐら。「自分のアタマで考えられる子」「生きる力を身につけた強い子」を育てる活動をしています。

部下育成 と 子育て【マネジメント 4つポイント+失敗例】

4年で4億売れた営業ノウハウをお伝えしている中西龍一です(^-^)『部下育成と子育ての共通点とコツ』をお伝えしています。営業で、お悩みをお持ちのあなたへ、無料相談を受付中です。営業で悩んで、足が出なくなることがあったら、あなたのお話を聴かせて下さいませm(__)mあなたが、営業って楽しいと笑えますように(^^)