Original

事実と意見を分けよう-小学生に伝えたい考える力の基本

こんにちは。

風邪をこじらせて

男性みたいな声になった

伴野です。


見た目と声が一致したね、

と言われます。

どういう意味かしら?


今日は考える力の

基本について

お伝えします。


本日のテーマは

「事実と意見」です。



1. 考える力の基本「事実と意見」

まず今日のテーマでの

「事実と意見」について

解説していきますね。


1-1. 事実と意見はなぜ重要?

「考える力」

「事実と意見」は

どのような関係が

あると思いますか?


昨年1年間、

仕事で結果が出る人と

仕事があまりできない人を

観察してきました。


その結果、

ある1つのことに

気がつきました。


それは

仕事で結果がでない人は

事実と意見を区別できない

ということです。


事実を把握するということ=

今の現実をしっかりみる、

ということです。


Google MAPを見ながら

知らないところに行こうと

するとき、

現在地が狂っていて

道に迷った経験は

ありませんか?



私は、あります(笑)

現在地が狂っていると

道に迷うのです。


事実がぐちゃぐちゃしていると

道に迷いますので

子供達には

しっかり事実と

そうでないものの

区別をつけてほしいと

思っています。


1-2. 『事実』『意見』って何

では

『事実』って何でしょう?

『意見』って何でしょう?


事実=

実際に起こったこと

現実のこと


です。そして、


意見=

誰かの思ったこと

誰かの感想


です。


子供達に教える時は

事実=

誰がみても

変わらないもの


意見=

人によって

変わるもの


と教えています。


例えば犬で言えば


「犬は4本足だ」=事実

「犬は可愛い」=意見


となります。


人によって

「犬は嫌い」

「犬は可愛くない」と

意見は変わりますよね。


それが事実と意見の

違いです。


1-3. 何歳から事実と意見は分かる?

事実と意見の区別がつくのは

小学校2、3年生以降ぐらいです。


成長には個人差がありますので

早いから優秀ということは

ありませんし、

遅いからといって

心配することもありません。


次の章以降でご紹介する方法で

家庭で自然に

伝えていければ

いいかな、と思います。



2. 子供への教え方

事実と意見は

物事を考えるための

基本中の基本です。


ですが、みなさんは

事実と意見の区別を

学校で教わった記憶は

ありますか?


もし、教えてもらえていたなら

それはいい先生に当たった

ラッキーな人です。


おそらくほとんどの方が

事実を意見の区別を

習わないまま

大人になっているのでは

ないでしょうか?


これをどのように教えれば

よいのか?

具体的な方法をご紹介します。


2-1. アメリカでは

これはアメリカの学校に

お子さんを通わせていた方から

聞いたお話です。



アメリカの学校では、

子供の話に対して、

「それは、いい意見だね」とか

「〇〇が〇〇したのは、

 事実なんだね」とか


教師が後から

解説するような方法で

事実と意見の区別を

自然と理解できるように

しているとのことでした。


2-2. 家庭で教えるには

アメリカの学校のやり方を

まねして

家庭でもやってみましょう。


子供が学校から帰ってきて

「今日、お友達に

 嫌なことを言われたんだ」と

言っています。


さて、この子供の発言は

意見でしょうか?

事実でしょうか?



正解は・・・

「意見」です。


”嫌なこと”という部分は

子供の感想です。


こんなときは

「そうなのね。

 お友達は何て

 言ったのかしら?」

と聞きましょう。

これが事実の把握です。


子供が

「お友達にね

 『あなたとは

  遊べない』

 って言われたの」

と。


「なるほどね。

 お友達が

 『あなたとは遊べない』

 と言ったのが事実ね。


 それが”嫌なこと”だと

 あなたは感じたのね。

 ここはあなたの意見だね。」


と事実と意見を

整理して伝えてあげましょう。



もしかしたら

「予定があって今日が

 たまたま都合が悪い」

というだけの話だったかも

しれませんしね。


事実と意見の整理は

喧嘩やトラブルの

解決にも使えるので

お試しくださいね。



2-3. ニコニコキッズでは

ニコニコキッズ では

考える力はもちろん


今回の「事実と意見」のように

考える力「以前」の

基本的なことについても

子供達に伝えています。


さらに

 ・事実と意見で作文

 ・新聞記事の文章を

  事実と意見で分ける

など


もっと高度な内容を子供達に

チャレンジしてもらっています。


ぜひご家庭でも

試してみてくださいね。


あなたが「子育てって楽しい」と

笑えますように^ ^

伴野悠佳

伴野悠佳

ニコニコキッズクリエーター。一児の母。子供向けプログラミング教室講師。学習塾講師。教員だった両親の影響で小学生の頃から教育書を読み漁る教育オタクだったが、出産を気に「教育ヲタ」まっしぐら。「自分のアタマで考えられる子」「生きる力を身につけた強い子」を育てる活動をしています。

部下育成 と 子育て【マネジメント 4つポイント+失敗例】

4年で4億売れた営業ノウハウをお伝えしている中西龍一です(^-^)『部下育成と子育ての共通点とコツ』をお伝えしています。営業で、お悩みをお持ちのあなたへ、無料相談を受付中です。営業で悩んで、足が出なくなることがあったら、あなたのお話を聴かせて下さいませm(__)mあなたが、営業って楽しいと笑えますように(^^)