飛び込み営業のコツを飛び込み営業の断り方から見出す

こんにちは

今日は家族3人で

お花見に行けて

気分転換できた


飛び込み営業のコツ&営業トークをお伝えする

口下手営業の中西です。

 

飛び込み営業でファーストコンタクトを突破しても



今日の飛び込み営業のコツ


「ファーストコンタクト後」を



ファーストコンタクトで

ドアも締まらず、お客様が

足を止めてくれた場合、僕がしている事を



前回のファーストコンタクト2で

お客様が「クスッ」てなってくれても


実は、その後が続かない場合も

多々ありました (涙)



お客様

「あ~ごめんね~ウチはイイヤ」



中西

「……そうですかぁ」



お客様も

一度「No」と言えると、また「No」と

言いやすい気がします。



僕は

「すぐに次に行こうスタイル」だったのですが



さすが激戦区です。


一難去ってまた一難



ファーストコンタクトを突破しても

10人中8人は断りが入ります。



うーん (-_-)


何か良い方法はないかな? (-_-)


うーん (-_-)



それまで、一軒につき効率良く営業する為



長くて5分以内に、日にち調整の為の


電話番号&住所をもらわないと


いけないと教えられ

(無理矢理は無しです。意味無いので)



決められた営業トーク以外は

喋らない方針でした。



うーん (-_-)



上司

「お客様は何って断るの?そこを良く考えて」



中西

「はい」



……高いって、皆言うよなぁ

かといって、ウチは安いとか言えないし……



悩みながら、営業を続けても結果は

同じでした。
 

お客様の断り方に答えが隠されているかも



ある日、なぜか

ポロっと

最初に



中西

「高いというお声が多かったのですが~~~~」

と言ってみた所



お客様

「そうなのよぉー、実は前に聞いた時に、

 高くてねぇ。

 それから主人がいらないって……」



中西
!!!!!!!!



……これ、たぶん本音だ……



次のお客様も

「そうねぇ」


…………


んなるほどー(°∀°)




全員という訳にはいかないですが

否定される確率が減る事を発見しました。




それから、会社で決められていた

これ以外は、喋るな営業トークを無視し始めて

守、破、離の

破に勝手に、進んでみました。



守と破の間をかなり

行ったり来たりしましたが…… 涙


そのくらいから飛び込み営業が少しづつ

楽しくなってきたのを思い出します。



一人悩み、一人辛い思いをしている営業マンの方へ

お客様の

断りに答えが、隠されているかもです。


悩んでいる営業マンの方が

ほんの少しでも、

落ち込む事が無くなりますように



今日の飛び込み営業のコツは


お客様の断りを、先に伝え

返答を「No」から「Yes」へ


です。

☟      ☟      ☟

「高確率!5人中4人アポ取れた! 
       飛び込み営業レポート」

☟   ☟   ☟  写真クリックを
   
   受付開始!
☝   ☝   ☝  写真クリックを

それでは、また後日~   (´ー`)/ 

飛び込み営業のコツ営業トーク

知らないばかりに

一人で、悩み困っている口下手営業マンの方が

辛い思いを、少しでもしなくてすみますよう

↓ に、人気の記事をまとめてみました。

 (クリックで見れます)
 ↓      ↓      ↓

人気記事 その①
全く売る気がないのに毎年、見積もりがもらえた方法


その② ↓
「雑談&アポ取り」に困らないトーク集①~⑦


その③  ↓

飛び込み営業 トークの実例①~④ アポ取りに悩んでいた部下が、復活した方法


その④  ↓
折れそうだった部下は、今はリフォーム営業で
 

年間1億4000万円の売上をあげてます。 
そのきっかけ
 

 ↑      ↑      ↑

人気記事①~④でした。 (クリックで見れます)

そして

せっかく覗いて下さった、

あなたに笑顔になって頂ければと思っています。

(^-^) 

人気記事ランキング

タグ一覧

アーカイブ

サイトマップ


友だち追加

この内容で送信します。よろしいですか?